無線呼び出しシステムドットコム>> バッテリ式移動型緊急無線通報システム>>

バッテリ式移動型緊急無線通報システムのバッテリの保ち時間は? 一日1時間程度呼び出しの利用をするとしてどれくらいの寿命となるのでしょうか?

移動しながら使用する回転灯受信機を一日1時間程度利用をするとしてどれくらいのバッテリ寿命となるのでしょうか?
フル充電の場合の駆動時間も合わせて教えてください。


(以下 商品内容、利用方法のご質問への回答)


標準でよく使用している直径10センチのブザー無しLED回転灯の場合、
内蔵バッテリがフル充電の状態で3〜4時間程度、呼び出し用の回転灯を連続して駆動できます。

内蔵バッテリの交換時期はバッテリメーカーの推奨で2年となっております。 本製品のバッテリは業務用の市販品のものを使っています。



商品ご紹介のページはこちら。

バッテリ式移動型緊急無線通報システム
バッテリ式-移動型緊急無線通報システム-電池式の無線送信機を使って充電バッテリ式パトランプをON/OFF遠隔操作します。
電池式の無線緊急送信機を作動させると数百m離れたバッテリ式受信機の回転灯が作動します。 回転灯は受信機の内蔵バッテリで駆動します。 電源が入らないので、現場を移動しながらのご利用も簡単。 移動しながらの工事現場での労災、安全対策に。 定期的に事務所などで充電を行い作業現場でご利用ください。
長距離無線連絡設備-通信距離100〜300m

近距離無線連絡設備−通信距離10〜30m

接点信号入力で作動する自動無線通報装置

長距離無線押しボタン呼び出し設備-通信距離100〜300m

近距離無線押しボタン呼び出し設備-通信距離10〜30m

無線パトランプ、回転灯

携帯電話網を利用する自動電話通報装置

NTT固定電話回線を利用する自動電話通報装置

ソーラー電源式

充電バッテリ電源式

離れた場所の接点信号をオンオフ操作する遠隔操作

距離自動感知タイプの無線警告装置

各種警報装置、アラーム

家庭用ワイヤレス呼び出しアラーム

呼び出しチャイム

ポケットベル

安否確認、緊急ボタン、徘徊防止装置

防犯設備

電源オンオフ切替遠隔操作

停電時対応の警報装置、呼び出しコール

押しボタンの形状によって選ぶ無線呼び出しコール

特定小電力無線送受信機の電源別の送受信機の組み合わせ

緊急信号通報機導入例

長距離近距離ワイヤレスアラームの運用例

会社案内



トップページへリンク


内容の無断転載を禁止します。




 (C)Copyright 無線呼び出しシステム.com.All rights reserved.

..