本文へスキップ

専用のワイヤレスの非常通報ボタンを押すと100デシベルの警報ブザーを鳴らしながら自動的に登録された電話番号へ異常を告げる音声アナウンスを流します。店舗や事務所の強盗対策。介護や寝たきりのご家族がご心配の皆様に。

新型外部通報型押しボタン緊急通報装置-電話回線使用の緊急自動電話連絡装置
新型外部通報型押しボタン緊急通報装置-電話回線使用の緊急電話連絡装置

専用の無線式非常通報押しボタンを押すと警報機が100デシベルの警報ブザーを鳴らしながら
自動的に登録された電話番号へ異常を告げる音声アナウンスを流します。


既設の固定電話回線を使って通報しますので、別途月々の経費はかかりません。
介護の現場、女性だけになる事務所や店舗、飲食店、学校や保育園などの防犯対策に。

非常ボタンを押すと、 1回10円程度(目安)で機械が指定の電話番号へ自動的にコールする運用イメージとなります。
※電話料金は、通報先の電話の種類、お客様の電話料金プランによって変わります。


【機器が作動した時の動作】

据え付け式非常通報ボタン
据え付け式
非常通報ボタン
ネジ2本で壁や机に固定します。
無線発信器内蔵
電源AC100Vもしくは電池式

ボタンが押されると警報機に向けて電波が発信されます。


専用の非常ボタンは1個毎に独自のIDコードが埋め込まれています。
通報装置の内蔵メモリにID登録された非常リモコンにのみ、通報装置が反応する仕組みになっていますので、 他の部署の方が所持している同型の非常リモコンで勝手に動作する事はありません。



無線
送信
警報機本体
+自動電話通報器

警報機本体
警報機本体
ボタンからの電波を受けると 赤ランプが点灯して100dbの強烈なアラーム音を発します。
ランプは大型になり斜め方向からなどの周囲から目視しやすい形状になりました。

警報機内部の設定スイッチを使ってプラグラムモードに入り、無線式非常通報ボタンの追加登録、削除を行うことができます。

警報機には信号出力端子が1個内蔵されており、 以下の自動電話通報機を接続する事ができます。

警報機本体、電話通報機警報機のアラームが作動すると自動的に緊急通報が作動します。
警報機のアラームが作動すると自動的に緊急通報が作動します。

電話に出ると異常を報せるアナウンスが流れます。 
通報先の電話番号は最大3カ所まで登録できます。 

着信番号を見て、通報終了後に通報元へ問い合わせの電話をすることも可能です。 

通報先の再生メッセージの例 
【緊急事態発生 非常ボタンが押されました 確認してください】 
音声アナウンスはご自分で吹き替えができます。 





 無線式非常リモコン(据え付け型、コンセント式)

押しボタンを押すと警報機本体に電波で異常を通報します。

縦115ミリ、横65ミリ、厚み40ミリ、重さ170グラム。
※ボタン、電源ケーブルなどの突起物除く

電源:AC100V(家庭用コンセント)

※コンセントの無い場所に使用するボタン電池駆動タイプもあります。
据え付け式非常通報ボタン


 無線式非常リモコン(据え付け固定型、電池式)

据え付け固定型の無線式非常ボタン 。寝室の枕元や、店舗のレジ、事務所の机などに。

防水ケース収納。 水気の多い浴室、シャワー室などでもご利用いただけます。

電源:ボタン電池式
台座部分のサイズ 58o×64o×35o
ボタン部分 高さ 15o
据え付け式非常通報ボタン


 無線式非常リモコン(ネックレス型)

首にかけて携帯するネックレス型の非常通報ボタンです。
赤い押しボタンを長押しすると警報機へ無線通報がスタートします。警報機は電波を受信するとアラーム音が鳴動します。

赤ボタンを再度長押しすると電波送信が停止します。

ボタン電池駆動。
※心臓ペースメーカーを御利用の方はおすすめできません。
無線式非常リモコン(ネックレス型)


 警報機(ボタンからの無線受信機内蔵)

専用の無線方式の非常通報ボタンの電波を受信すると、LEDが点滅して100dbの警報アラーム音が鳴りはじめます。
警報音とLEDの点滅は非常通報ボタンをリセットするとストップします。
LEDは大型で、周囲から目視しやすい形状です。

非常ボタンと警報機との無線通信距離は平均10〜18m。
※通信距離は建物構造や周囲の環境により変化します。

警報機には非常通報ボタンは最大20個まで登録して使用できます。
内部のディップスイッチの操作でボタンの新規追加登録、削除を行うことができます。

サイズ 110ミリ×150ミリ×70ミリ(厚み)

電源:AC100V(家庭用コンセント)

機器の取付方法 壁にネジ2本で止めする固定方法となっております。

警報機を横から見た写真
警報機本体を横から見た写真。


警報機本体の上下2カ所の蓋を開いてネジ2本で壁面に固定します
警報機本体の上下2カ所の蓋を開いてネジ2本で壁面に固定します。


警報機本体



自動電話通報機

電話回線に接続して異常検知の際、予め登録された電話番号最大3カ所まで自動通報できます。
1つの電話番号へ1回づつ自動的に電話をかけます。


通報先の再生メッセージの例
【緊急事態発生 非常ボタンが押されました 確認してください】

音声アナウンスはご自分で吹き替えができます。メッセージの録音は45秒間以内。


電源はACアダプター。
離れた第三者に緊急通報する際に使用します。

既設のアナログ電話回線、ISDN回線、ADSL回線に対応。通報先はご自分で簡単に登録できます。 携帯電話への通報も可能です。

既に敷設されている固定電話回線に接続して使用します。 非常ボタンが押された時に予め登録された携帯電話などの電話番号へ異常事態を報せるアナウンスを流すオプション機器です。
機械が登録された電話番号へ自動的に電話をかけます。

既にお持ちの電話を一次的に使って通報する仕組みです。
専用の電話回線は必要ありません。
※1先に報せる度に10円程度(固定電話へ通報する場合)の電話料がかかる運用イメージとなります。


※ご注意
ビジネスフォン、内線電話、PBX交換機、ホームテレフォン、ゼロ発信電話には接続して使用出来ません。
IP電話専用の電話機しか利用できない電話回線では使用できません。


警報機と自動電話通報機の接続方法。自動電話通報機から出ているリード線を警報機の中の端子台に接続します。作業は簡単です。
警報機と自動電話通報機の接続方法。自動電話通報機から出ているリード線を警報機の中の端子台に接続します。作業は簡単です。


アナログ電話回線に接続する場合の例。
一般固定電話回線との接続方法


ISDN回線、ADSL回線、NTT光電話回線に接続する場合の例。
アダプタ、モデムに電話機を接続する空きアナログポートがある場合はそちらに直接接続します。
ISDN回線、ADSL回線、NTT光電話回線に接続する場合の例アダプタ、モデムに電話機を接続する空きアナログポートがある場合

ISDN回線、ADSL回線、NTT光電話回線に接続する場合の例。
アダプタ、モデムに空きアナログポートが無い場合。電話線の二叉ソケットを使って接続する例です。
ISDN回線、ADSL回線、NTT光電話回線に接続する場合の例アダプタ、モデムに空きアナログポートが無い場合

○本システムを利用して自動電話通報が作動した時にかかる料金の目安。
本システムは、電話通報を行う際に既に建物に敷設されている固定回線(アナログ回線、ISDN回線、ADSL回線、光電話回線)などを、 通報するときだけ一時的に利用して緊急連絡を行います。本製品専用の固定電話回線は必要ありません。

電話動作がスタートすると、既設の電話回線を使って登録された電話番号を自動的に呼び出しし、相手先が電話に出ると音声アナウンスが流れてきます。 1先へ通報を行う度に1回10円程度の電話料金を使って、機械が自動的に電話をかける運用イメージとなります。 通話料金は全て電話会社からの電話料金請求となります。

電話料金は電話環境(通報する側と通報を受ける側の電話環境)により変わります。
電話料金の目安(2016年7月現在) 
電話料金プランは電話会社によって変わります。詳しくはそれぞれの電話会社にご確認をお願い申し上げます。
NTT固定電話(電話通報機を接続-発信側) → NTT固定電話へ通報する場合(税抜き)平日昼間 3分間10円
NTT固定電話(電話通報機を接続-発信側) → au携帯電話に通報する場合(税抜き)平日昼間 3分間90円
NTT固定電話(電話通報機を接続-発信側) → ソフトバンク携帯電話に通報する場合(税抜き)平日昼間 約15秒 11円

※ご注意
本製品が緊急通報を行う際に通報機が接続された電話回線が使用中の場合は話中になるため緊急通報を行う事はできません。
相手先が電話に出ないと電話料金はかかりません。留守番電話に回った場合は電話料金がかかります。


電話通報機(有線式オプション機器)


-そのほかに追加できるオプション機器-

 接点信号監視用ショートメール自動通報装置(※追加オプション機器)

自動電話通報機の替わりに接続してご利用いただけます。

警報機の内部端子から出力された接点信号が本メール通報機に入力されると、
ショートメールを使って事前登録された担当者の携帯電話やスマートホンへ自動的に緊急連絡を行います。

信号が入力されるとNTTドコモFOMA SIMカードを使ってショートメールを発信する自動通報装置です。
現地に固定電話回線にひかれていない場合でも遠隔地の責任者に押しボタンが押された事を知らせる事ができます。

接点信号監視用ショートメール自動通報装置


接点信号監視用ショートメール自動通報装置


【お問い合わせとご予算】
ご要望を記入の上、お問い合わせ欄よりお気軽にお問い合わせください。
本製品は受注生産品です。機器構成や運用方法により価格が変更になる場合がございます。
商品についてのご質問、お見積もりのご依頼、 機器構成の変更やご要望、 ご相談につきましてはお問い合わせ欄から、 お気軽にお問い合わせください。
個別にお見積もりをさせていただきます。 お見積もりは無料です。

本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼
お問い合わせとお見積もりのご依頼はこちらをクリックしてください。


本製品のご予算
本製品のご予算

お問い合わせ先
株式会社LIBERO
電話:0765-24-2816
ファックス:0765-24-2793
mail:post@anzen-mail.com
会社案内


−当商品の特徴−
  • 信頼性の高い日本製の商品です。外国製商品と異なり修理点検が可能です。
  • 面倒な配線工事は必要ありません。
  • ご利用に伴う役所への届け出は必要ありません。
  • 受注生産品。屋外での使用、電源種別(AC電源、DC電源)のご要望のご相談も承ります。
  • お見積もりのご依頼、ご相談は無料にて承っております。


本製品トップ頁
本製品の利用例、応用品
追加オプション機器
商品への質問と回答
製品の価格
商品のお問い合わせ
会社案内
弊社HPトップ頁へ

本製品の利用例と応用品
本製品への追加オプション機器
本製品へのご質問と回答集
本製品の価格
本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼

長距離無線送受信機100〜300m


近距離無線送受信機10〜20m

接点信号自動通報装置

無線押しボタン100〜300m

無線押しボタン10〜20m

タイマー内蔵無線送受信機

無線式パトランプ

携帯電話網を使った自動通報装置

固定電話網を使った自動通報装置

メール自動通報装置

ソーラー0電源無線送信機

充電バッテリ式無線通報機


接点信号出力遠隔操作装置

距離検知式自動警報装置

各種警報装置


ポケットベル


安否確認、徘徊警告装置

電源オンオフ遠隔操作


停電時も作動呼出装置


ボタン形状で選ぶ無線呼び出し装置

特定小電力無線の組み合わせ

緊急通報機導入例

無線アラーム導入例

会社案内