トップページ>> 無線式異常点滅ボタンシステム簡易型>>

鉄筋コンクリート住宅(RC構造)でボタンからの電波が受信器(フラッシュブザー、フラッシュランプ)まで届きますか?

建物の構造やお部屋の間取り、家具等の配置などで電波の届く距離は変わります。
特に、1階非常ボタン、2階受信器 という風な階差のある場合で鉄筋コンクリートの建築物は電波の通信距離に注意が必要になります。

ボタンと受信機(フラッシュブザー)の設置位置に階差のある場合は、 上下を吹き抜けた階段室などに無線中継機を配置する方法があります。 中継機は電源プラグをコンセントに差し込むだけで使用できますので後付可能です。



商品ご紹介のページはこちら。

無線式異常点滅ボタンシステム(簡易型)
無線式異常点滅ボタンシステム(簡易型)
無線式非常ボタンを押すと、 離れた場所に設置したフラッシュランプ(ブザー無し)やフラッシュブザーが作動して周囲に異常を報せます。 無線機器を使いますので面倒な配線工事は必要ありません。 簡易型の無線呼び出しシステムです。 途中に中継器を配置して、通信距離を伸ばすことも可能です。
お店や事務所の受付に設置して、係員の呼び出し、トイレなどの緊急呼び出し、介護の現場でもご利用いただいております。


無線式異常点滅ボタンシステム(簡易型)

ワイヤレスの非常ボタンを押すとで10〜18m程離れた場所でフラッシュブザーが作動する緊急通報装置です。
100デシベルブザー内蔵のフラッシュブザーと音無しのフラッシュライトの2種類があります。
ボタン1個+フラッシュブザー、フラッシュライト複数台の構成も可能です。
フラッシュブザー、フラッシュライトは防滴構造です。屋外設置可能です。
非常ボタンとフラッシュブザーの間に中継機を入れて電波の届く距離を延長することができます。
非常ボタンの電源は電池式もしくはAC100V、フラッシュブザー、フラッシュライトの電源はAC100V(標準)です。
ご家庭や事務所、店舗などの防犯対策、緊急呼び出し装置、緊急通信装置、近距離へのワイヤレス通信装置に。
受注生産品。ご希望の仕様の御相談を承ります。
信頼性の高い日本製の商品です。日本国内の工場で組み立て開発が行われている本格派システムです。
長距離無線連絡システム-通信距離100〜300m

近距離無線連絡システム−通信距離10〜30m

接点信号入力で作動する自動無線通報装置

長距離無線押しボタン呼び出しシステム-通信距離100〜300m

近距離無線押しボタン呼び出しシステム-通信距離10〜30m

無線パトランプ、回転灯

携帯電話網を利用する自動電話通報装置

NTT固定電話回線を利用する自動電話通報装置

ソーラー電源式無線システム

充電バッテリ電源式無線システム

離れた場所の接点信号をオンオフ操作する遠隔操作システム

距離自動感知タイプの無線警告装置

各種警報装置、アラームシステム

家庭用ワイヤレス呼び出しアラーム

呼び出しチャイム

ポケットベル

安否確認、緊急ボタン、徘徊防止装置

防犯システム

電源オンオフシステム

停電時対応の警報装置、コールシステム

押しボタンの形状によって選ぶ無線コールシステム

特定小電力無線システムの電源別の送受信機の組み合わせ

緊急信号通報機導入例

長距離近距離ワイヤレスアラームシステムの運用例

会社案内



トップページへリンク


内容の無断転載を禁止します。

 (C)Copyright 無線呼び出しシステム.com.All rights reserved.
商品のお問い合わせはお気軽にどうぞ。



..