本文へスキップ
1
落石感知センサーが作動すると2台の回転灯が同時にまわるように電源ケーブルにして使用することは可能でしょうか?

バッテリ式落石地滑り警告装置へのご質問

質問があるのですが、落石警報センサー本体のバッテリ電源にて 2台の回転灯(警報音付)を電源ケーブルを2本にて接続し、使用することは可能でしょうか。
1台目の回転灯→センサー本体より10m離れた所
2台目の回転灯→1台目と反対方向に約10m離れた所

(以下 ご質問への回答)

回転灯は複数台を落石警報機に接続可能です。
現在は回転灯はLEDがクルクル流れる省電力型を使用しております。回転灯の台数は合計3台まで増やして接続して御利用いただけます。
なお、内蔵バッテリや落石警報機のケースが変更になりますのでご予算は個別にご相談ください。



商品の詳細なご紹介ページはこちら!
 

バッテリ式落石地滑り警告装置

地滑りや落石などで崖や法面に張り巡らした電線ワイヤーが数p引かれたり断線すると、 これを感知し警報音と回転灯を作動させて警告アラームを発します。

警報機内部の充電式バッテリで駆動しますので、現地でたいへんな電源工事の心配がありません。
予備バッテリを交換しながら利用することも可能です。

携帯電話を使った異常通報システムを組み込むことができます。 アラームが作動すると内部の発信用携帯電話に登録された電話番号へ緊急自動通報する事ができます。


落石警報機に携帯電話機を使った自動通報システムを組み込んで、落石によりセンサーが作動すると予め登録された電話番号1カ所へ自動通報する事ができます
落石警報機本体の内部に携帯電話機を使った自動通報システムを組み込んで、落石によりセンサーが作動すると予め登録された電話番号1カ所へ自動通報する事ができます。

メインの落石警報機は防雨構造です。屋外設置可能です。
受注生産品。AC100V電源方式などご希望の仕様の御相談を承ります。
信頼性の高い日本製の商品です。日本国内の工場で組み立て開発が行われている商品です。


バナースペース

長距離無線送受信機100〜300m

近距離無線送受信機10〜20m

接点信号自動通報装置

無線押しボタン100〜300m

無線押しボタン10〜20m

タイマー内蔵無線送受信機

無線式パトランプ

携帯電話網を使った自動通報装置

固定電話網を使った自動通報装置

メール自動通報装置

ソーラー0電源無線送信機

充電バッテリ式無線通報機


接点信号出力遠隔操作装置

距離検知式自動警報装置

各種警報装置


ポケットベル


安否確認、徘徊警告装置

電源オンオフ遠隔操作


停電時も作動呼出装置


ボタン形状で選ぶ無線呼び出し装置

特定小電力無線の組み合わせ

緊急通報機導入例

無線アラーム導入例



株式会社LIBERO

〒937-0811
富山県魚津市三田3507-2

TEL 0765-24-2816
FAX 0765-24-2793