トップページ>> 接点入力型無線自動通報システム(特定小電力無線)>>

接点信号により電波を送信する特定小電力無線送信側と受信側の間が鉄板で遮られていますが通信は大丈夫ですか?


船の中で送信側と受信側の間が鉄板にて遮られているため、実質100m以内でも電波飛距離数百メートルは必須かとは思いますが、如何でしょうか。 また、電波到達距離および混信についても、どの程度の信頼度かなども教えていただければ助かります。


(以下 商品内容、利用方法のご質問への回答)


電波は金属(金属製の建物の壁、天井や床など。鉄筋が使われている建物構造も同じ)に遮断されます。 特に途中に鉄板などの金属が間に入ると極端に通信距離が短くなります。 船は金属だと推察いたしますので通信環境はかなり厳しいと思われます。

鉄板を迂回する通路や階段などの吹き抜けた空間がありましたら、そこに中継機を配置して、 バケツリレーのように迂回して受信機まで通信距離を伸ばす方法や送受信アンテナを外に出す方法もございますが、 やはり途中に金属製の扉など金属が挟ますと通信環境的に厳しい点がございます。

電波自体に指向性はありません。独自のIDコードが受け込まれていますので混信はありません。




商品ご紹介のページはこちら。

接点入力型無線自動通報機
接点入力型無線自動通報システム(特定小電力無線)
機器の設備接点信号を受けて電波を自動送信(特定小電力無線)、 離れた管理棟や事務所へ無線通報、着信すると警告ブザーや回転灯を作動させて異常を報せます。
送信機〜受信機までは長距離無線でやりとりしますので、自由に機器のエリアを設定できます。
通信距離は平均100〜300m。 途中に中継器を配置して、通信距離を伸ばすことも可能です。
送信機複数台+受信機複数台のシステム構成も可能です。
送信機、受信機は屋外設置可能な防雨ケースに収納したり、電源をソーラー電源に変更する事も可能です。 送受信機とも外部独立アンテナを標準に付属しています。
受注生産品。ご希望の仕様の御相談を承ります。


接点信号入力型無線自動通報機(特定小電力無線)

複数の接点信号を1台の送信機で受け、 更に複数台の受信機で、どの接点信号の異常かを識別するようにした利用方法も可能です。 ID管理を行いますので混信はありません。


受信機側でブザー付き回転灯を駆動する使用方法です。



  • ワイヤレス接点信号自動通報、接点信号電話通報機、接点信号により作動するパトランプ警報機、省力化装置、異常監視、誘導装置、各種アラーム警報機のご相談を承ります。
  • リモコンスイッチ、無線電源スイッチ、構内ポケットベル、緊急ボタン、ソーラー式パトランプのご相談、ご質問を承ります。
  • 事務所、店舗、工場、倉庫などでご利用いただける緊急通報装置、非常押しボタン装置のご相談を承ります。
  • 家庭でご利用いただける緊急通報装置、押しボタンアラーム装置、電源ONOFF装置、徘徊防止システムのご相談を承ります。
  • お見積もりのご依頼は無料にて承っております。商品へのご質問、複数セットの設置などのご相談もお気軽にお問い合わせください。
  • 弊社の商品は受注生産品が多く含まれています。応用品、屋外設置用仕様や電源(ソーラー式、バッテリ式、AC200Vなど)のご相談も承ります。
  • 弊社の商品は大がかりな配線工事、電機工事、取り付け作業の負担が少ない設置工事の簡単な商品となっております。
長距離無線連絡設備-通信距離100〜300m

近距離無線連絡設備−通信距離10〜30m

接点信号入力で作動する自動無線通報装置

長距離無線押しボタン呼び出し設備-通信距離100〜300m

近距離無線押しボタン呼び出し設備-通信距離10〜30m

パトランプ、回転灯

携帯電話網を利用する自動電話通報装置

NTT固定電話回線を利用する自動電話通報装置

ソーラー電源式

充電バッテリ電源式

離れた場所の接点信号をオンオフ操作する遠隔操作

距離自動感知タイプの無線警告装置

各種警報装置、アラーム

家庭用ワイヤレス呼び出しアラーム

呼び出しチャイム

ポケットベル

安否確認、緊急ボタン、徘徊防止装置

防犯設備

電源オンオフ切替遠隔操作

停電時対応の警報装置、呼び出しコール

押しボタンの形状によって選ぶ無線呼び出しコール

特定小電力無線送受信機の電源別の送受信機の組み合わせ

緊急信号通報機導入例

長距離近距離アラームの運用例

会社案内



無線呼び出しドットコムトップページへリンク


内容の無断転載を禁止します。

 (C)Copyright 無線呼び出しシステム.com.All rights reserved.
商品のお問い合わせはお気軽にどうぞ。





..