トップページ>> タイマー作動型閉め忘れ防止センサー>>

観音開き扉には閉め忘れ防止センサーはどのように設置すればいいですか?

観音扉を上から見たイメージ図。
磁石の向きを変更した方が動作が安定すると思います。
観音開き扉には閉め忘れ防止センサーはどのように設置すればいいですか

センサー本体と磁石の間に隙間ができる場合、磁石用のL字スペーサー金具を使って、 磁石の平たい方をセンサー本体のスイッチ部分に接触するようにして取り付けます。 磁石の平たい部分が一番磁力が強い面となります。
磁石用L字金具スペーサーは1個200円(消費税別)です。

磁石用のL字スペーサー金具。タイマー作動型閉め忘れ防止センサー。
磁石用のL字スペーサー金具。 磁石の向きを直角に曲げます。

扉と扉の間に大きな隙間の開く場合には磁力の強い大型マグネットをご利用いただけます。 大型マグネットは、磁石とセンサー本体の間に3センチ程度の隙間があっても使用できます。
タイマー作動型閉め忘れ防止センサー用大型マグネット
大型マグネット



商品ご紹介のページはこちら。

タイマー作動型閉め忘れ防止センサー。ドアが開いた状態が一定時間以上続くと警報受信盤が警告アラーム音を発して周囲にお知らせします。
タイマー作動型閉め忘れ防止センサー-冷蔵庫、冷凍庫の節電対策に。
冷蔵庫、冷蔵庫、クリーンルームのドアの閉め忘れ防止対策。貴金属店などお店のショーケースの扉の管理。会社の通用口。 閉め忘れ監視センサーを設置した扉が、開いた状態が一定時間以上続くと 警報受信盤が警告アラーム音を発して周囲にお知らせします。

温度管理や湿度管理のたいへんな半導体工場の通用口、電子部品工場などで製造現場でもたくさんご利用いただいております。

閉め忘れ監視センサーは10〜18m程離れた距離の扉やドアの開けっ放しの状態を無線で監視ができます。
閉め忘れ監視センサーの電源は電池式、警報受信機の電源はAC100V(標準)です。
センサーと警報アラーム音を発する受信機の間に中継機を配置して電波の届く距離を延長することができます。
機器の設置は簡単です。
受注生産品。電源等のご希望の仕様の御相談を承ります。
長距離無線連絡送受信機-通信距離100〜300m

近距離無線連絡送受信機−通信距離10〜30m

接点信号入力で作動する自動無線通報装置

長距離無線押しボタン呼び出し送受信機-通信距離100〜300m

近距離無線押しボタン呼び出し送受信機-通信距離10〜30m

無線パトランプ、回転灯

携帯電話網を利用する自動電話通報装置

NTT固定電話回線を利用する自動電話通報装置

ソーラー電源式無線送受信機

充電バッテリ電源式無線送受信機

離れた場所の接点信号をオンオフ操作する遠隔操作

距離自動感知タイプの無線警告装置

各種警報装置、アラーム

家庭用ワイヤレス呼び出しアラーム

呼び出しチャイム

ポケットベル

安否確認、緊急ボタン、徘徊防止装置

防犯設備

電源オンオフ遠隔操作

停電時対応の警報装置、呼び出しコール

押しボタンの形状によって選ぶ無線呼び出しコール

特定小電力無線送受信機の電源別の送受信機の組み合わせ

緊急信号通報機導入例

長距離近距離ワイヤレスアラームの運用例

会社案内



トップページへリンク


内容の無断転載を禁止します。

 (C)Copyright 無線呼び出しシステム.com.All rights reserved.
商品のお問い合わせはお気軽にどうぞ。



..