本文へスキップ
1
しばらく保管してあった停電監視ショートメール自動通報装置を設備に使用しましたが、メールを発信できません。何が原因でしょうか?

停電監視用ショートメール自動通報装置へのご質問

(以下 ご質問への回答)

停電監視ショートメール自動通報装置に内蔵してある小型バッテリが放電している可能性があります。

通報機のACアダプターをコンセントに差し込んでおくとバッテリは自動充電を行いますが、 ACアダプターを抜くと自動的にバッテリ電源に切り替わります。
長期保管する際にバッテリの+−のコネクタを外して置かないとバッテリは放電しきってしまいますので通報動作はできなくなります。 内蔵の小型バッテリはフル充電の状態でも3〜4時間前後しか保ちません。

+−コネクタをバッテリに差し込んで通報機ACアダプターをコンセントに差し込むと充電を開始します。 完全に消耗しきったバッテリを充電するには1日程度の充電時間がかかります。

※一旦放電しきったバッテリは、フル充電してもかなり弱ってしまう場合がありますので、 長期間通報機を使用しないで保管する場合はバッテリを外しておいてください。


そのほかの可能性としてSIMカードが認識できない場合があります。
圏外になっていないか、SIMカードが開通しているかどうかもご確認いただければと存じます。


商品の詳細なご紹介ページはこちら!
 

停電監視用ショートメール自動通報装置

停電が発生し、停電監視用ショートメール自動通報装置への電源供給が停止すると、 ショートメール(SMS)を使って予め登録された携帯電話へ自動的に緊急連絡を行います。

本通報装置のACアダプターへの電源供給が停止するとショートメールを発信します。

ショートメールは停電発生時と停電復帰時の両方を報せます。

通信回線の敷設されていない施設の停電監視にお役に立てます。

点検保守員の負担を軽減と無人監視。目の届きにくい遠隔地の設備の安全運転監視ができます。
現地まで出向く手間が省け、どこからでも監視できます。
温室、ビニールハウス、受水槽、冷蔵庫、冷凍庫、水槽の電源監視など。


停電監視用ショートメール自動通報装置

バナースペース

長距離無線送受信機100〜300m

近距離無線送受信機10〜20m

接点信号自動通報装置

無線押しボタン100〜300m

無線押しボタン10〜20m

タイマー内蔵無線送受信機

無線式パトランプ

携帯電話網を使った自動通報装置

固定電話網を使った自動通報装置

メール自動通報装置

ソーラー0電源無線送信機

充電バッテリ式無線通報機


接点信号出力遠隔操作装置

距離検知式自動警報装置

各種警報装置


ポケットベル


安否確認、徘徊警告装置

電源オンオフ遠隔操作


停電時も作動呼出装置


ボタン形状で選ぶ無線呼び出し装置

特定小電力無線の組み合わせ

緊急通報機導入例

無線アラーム導入例

会社案内

株式会社LIBERO

〒937-0811
富山県魚津市三田3507-2

TEL 0765-24-2816
FAX 0765-24-2793