トップページ>> 携帯電話を使った停電自動通報器>>

ビニールハウスのブレーカーOFF時の警報を無線で遠隔監視したいのですが?



ビニールハウスのブレーカーOFF時の警報を無線で監視したいです。 ビニールハウスから事務所まで約50m位で、送信部、受信部とも電源AC100Vはあります。
どの様な機器が必要になるのか、お聞きできればと思います。

○○○

設備装置の接点信号を、 特定小電力無線で離れた場所に自動通報し、ブザーや回転灯を作動するシステムと、 電源供給の停止自体を携帯電話を使って自動通報し、ご担当者の携帯電話などに異常を知らせるアナウンスを流すシステムの 2種類をご提案させていただきます。


1.携帯電話を使った停電監視自動通報器(※本製品)
停電がおきると、指定された電話番号へアナウンスを流します。



1.接点入力型無線自動通報システム(特定小電力無線) リレー接点異常がおきると事務所で回転灯などを作動します。 接点入力型無線自動通報システム(特定小電力無線)
100〜300m先の受信機に無線で警告をします。
特定小電力無線システムの通信距離ですが、 送信アンテナ、受信アンテナがお互いに見通しの利く環境で100〜300mが平均となっております。
ご注意点は、送信機と受信機の途中に建物や壁、丘など電波を遮るものがございますと 極端に通信距離が極端に短くなったり電波が届かない事がございます。
その場合、中継機を途中に入れると通信環境は改善する場合があります。


商品ご紹介のページはこちら。


携帯電話を使った停電自動通報器
携帯電話を使った停電自動通報器
本機への電源供給が止まると、 内蔵バッテリの電源を使って、中に入れた携帯電話の電話帳に登録された電話番号1箇所に自動通報します。 固定電話回線の無い事務所、工場、無人施設、水槽などの停電監視、設備監視に。 AC100V電源監視用、AC200V電源監視用の2種類があります。

携帯電話網を使った無線式の停電監視装置です。
NTTドコモ、ソフトバンクの通話エリア内でしたら使用可能です。
本商品は携帯電話機のイヤホン部分に接続して使用します。
着信履歴の残る電話機を連絡先に設定して緊急アナウンスを受信されることをおすすめします。
停電警報を知らせる電話に出ると緊急事態を報せるアナウンスが流れてきます。
装置の中に組み込む携帯電話機へ電源への自動充電機能も含まれています。
改造でパトランプ(回転灯)を機器に追加することができます。
信頼性の高い日本製の商品です。日本国内の工場で組み立て開発が行われている本格派システムです。
長距離無線連絡システム-通信距離100〜300m

近距離無線連絡システム−通信距離10〜30m

接点信号入力で作動する自動無線通報装置

長距離無線押しボタン呼び出しシステム-通信距離100〜300m

近距離無線押しボタン呼び出しシステム-通信距離10〜30m

無線パトランプ、回転灯

携帯電話網を利用する自動電話通報装置

NTT固定電話回線を利用する自動電話通報装置

ソーラー電源式無線システム

充電バッテリ電源式無線システム

離れた場所の接点信号をオンオフ操作する遠隔操作システム

距離自動感知タイプの無線警告装置

各種警報装置、アラームシステム

家庭用ワイヤレス呼び出しアラーム

呼び出しチャイム

ポケットベル

安否確認、緊急ボタン、徘徊防止装置

防犯システム

電源オンオフシステム

停電時対応の警報装置、コールシステム

押しボタンの形状によって選ぶ無線コールシステム

特定小電力無線システムの電源別の送受信機の組み合わせ

緊急信号通報機導入例

長距離近距離ワイヤレスアラームシステムの運用例

会社案内



トップページへリンク


内容の無断転載を禁止します。

 (C)Copyright 無線呼び出しシステム.com.All rights reserved.
商品のお問い合わせはお気軽にどうぞ。


..