トップページ>> 無線式呼び鈴回転灯システム>>

寒冷地においても作動に問題はないでしょうか?無線式呼び鈴回転灯システム


無線呼び鈴は寒冷地においても作動に問題はないでしょうか? 冬はマイナス10度くらいまで外気温が下がります。 この環境においても無線呼び鈴は故障しない仕様でしょうか? 水道管凍結防止用の機具がありますが、そのようなもので保温するような手立てはないでしょうか?


(以下 商品内容、利用方法のご質問への回答)


無線呼び鈴(発信側)ですが、 電源を標準の電池式からコンセント式に変更すると寒さに若干強くできます。 コンセント式の呼び鈴は1つ2万円程度(消費税別)となります。

無線接点スイッチ(無線受信機、AC100V電源が出力される機器)) を屋外に設置される場合は雨風が直接かからないように 樹脂やプラスチック製のケースに呼び鈴、無線スイッチを収納される事をおすすめいたします。 これで機器の凍結などを防ぐことは可能と思います。
※保温装置などは今のところご用意できておりません。また、電波が遮断されるため金属製のボックスには入れないでください。

無線呼び鈴、無線接点スイッチとも使用温度はマイナス10度までとなっております。


回転灯パトランプは、モーターでグルグルミラーが回る商品は凍結に弱いと思われます。
多数のLEDが流れて回転しているように見える回転灯は比較的寒冷地に強いようです。




商品ご紹介のページはこちら。

無線式呼び鈴回転灯システム
無線式呼び鈴回転灯システム-ピンポンチャイム音に代わり回転灯お知らせします。
耳の不自由な方に。 玄関のチャイムを押すと屋内の離れた場所で回転灯を回して来客を報せます。 無線通信距離は平均10m〜18mです。 中継器を入れると無線距離を延長できます。


呼び鈴を押すとで10〜18m程離れた場所でパトランプが回転するワイヤレス呼び鈴装置です。
パトランプ回転灯はブザー内蔵タイプとブザー音無しの2種類から選べます。
呼び鈴1個+接点スイッチ+回転灯複数台セットの構成も可能です。
フラッシュブザー、フラッシュライトは防滴構造です。屋外設置可能です。
呼び鈴と回転灯の間に中継機を入れて電波の届く距離を延長することができます。
呼び鈴の電源は電池式。接点スイッチ+パトランプ回転灯の電源はAC100V(標準)です。
ご家庭や事務所、店舗などの防犯対策、緊急呼び出し装置、緊急通信装置、近距離へのワイヤレス通信装置に。
受注生産品。ご希望の仕様の御相談を承ります。
信頼性の高い日本製の商品です。日本国内の工場で組み立て開発が行われている本格派システムです。

別途、事務所、店舗、工場、倉庫などでご利用いただけるワイヤレス接点緊急通報装置、非常押しボタン装置のご相談を承ります。 家庭でご利用いただける緊急通報システム、押しボタンアラーム装置、電源ONOFFスイッチ、徘徊防止システムのご相談を承ります。
お見積もりのご依頼は無料にて承っております。商品へのご質問、電源の種別、複数セットのご相談もお気軽にお問い合わせください。
弊社の商品は大がかりな配線工事、電機工事、取り付け作業の負担が少ない設置工事の簡単な商品となっております。



呼び鈴回転灯システム-ピンポンチャイム音に代わり回転灯お知らせします。
長距離無線連絡システム-通信距離100〜300m

近距離無線連絡システム−通信距離10〜30m

接点信号入力で作動する自動無線通報装置

長距離無線押しボタン呼び出しシステム-通信距離100〜300m

近距離無線押しボタン呼び出しシステム-通信距離10〜30m

無線パトランプ、回転灯

携帯電話網を利用する自動電話通報装置

NTT固定電話回線を利用する自動電話通報装置

ソーラー電源式無線システム

充電バッテリ電源式無線システム

離れた場所の接点信号をオンオフ操作する遠隔操作システム

距離自動感知タイプの無線警告装置

各種警報装置、アラームシステム

家庭用ワイヤレス呼び出しアラーム

呼び出しチャイム

ポケットベル

安否確認、緊急ボタン、徘徊防止装置

防犯システム

電源オンオフシステム

停電時対応の警報装置、コールシステム

押しボタンの形状によって選ぶ無線コールシステム

特定小電力無線システムの電源別の送受信機の組み合わせ

緊急信号通報機導入例

長距離近距離ワイヤレスアラームシステムの運用例

会社案内



トップページへリンク


内容の無断転載を禁止します。

 (C)Copyright 無線呼び出しシステム.com.All rights reserved.
商品のお問い合わせはお気軽にどうぞ。


..