本文へスキップ
1
接点信号ポケットベル呼び出し機からポケットベルまで電波を遠くまで飛ばすにはどうすればいいでしょうか?

接点信号作動型無線呼出ポケットベルへのご質問と回答

(以下 ご質問への回答)

遠くまで担当者のポケットベルを呼び出すためには、 呼び出し送信機の送信アンテナユニット部分をできるだけ高い位置に設置して、 障害物にない遠くまで見通しの利く場所に配置すると電波が遠くまで届きます。

特に倉庫や工場などの天井の高い大きな空間では、天井付近に送信アンテナを設置すると遠くまで電波が届きます。
※イメージ的には上から地上に電波が降ってくるような感じ。


屋外の人を呼び出す場合はアンテナを設置する位置を、建屋の屋根の上や屋上部分に立てるようアンテナをに設置すると、遠くまで電波が届きます。 ポケットベルを携帯する人に電波が上から降り注いでくるようなアンテナ設置イメージとなります。 アンテナユニットを繋ぐケーブルは延長(最大30mまで)することもできます。

ご注意
ケーブルを10m以上に伸ばす場合はケーブルの種類が変わりますので、 別途お見積もりをさせていただきます。


商品の詳細なご紹介ページはこちら!
 

接点信号が入力されると無線呼び出し。接点信号作動型無線呼出ポケットベル

設備機械が停止したときなどトラブル発生時などに警報盤から出力される接点信号(無電圧a接点)が送信機に入力されると自動的に電波を送信し、 ポケットベルで担当者を呼び出す商品です。
呼び出し送信機から直接電波でポケットベルを呼び出しますので電話会社は介しませんのでランニングコストはかかりません。 ポケットベルには、アラーム式と振動式(バイブ式)に2種類をご用意できます。

ポケットベルの呼び出し距離は平均100〜200m。
設備管理や生産現場での安全対策とセキュリティ、労働災害防止、担当者の呼び出し。 緊急連絡、省力化、生産性の向上、ミスの防止と迅速なトラブル対応などにご利用いただけます。


ポケットベル呼び出し送信機に無電圧a接点信号が入力されると電波を自動送信します
ポケットベル呼び出し送信機に無電圧a接点信号が入力されると電波を自動送信します。