無線呼び出しシステムドットコム>> シルウオッチ>>

数年前から利用している腕時計受信機1個を新規購入のセットへグループ変更し、さらに新たに購入する腕時計受信機を数年前から利用中のシルウオッチのセットへ組み込む事はできますか?


数年前からブラックの腕時計受信機2個を使用しています。 新たに、混信しない別グループのシルウオッチ一セットを購入したいのですが、 既存のブラック腕時計受信機1個を新規で購入のセット用に変更し、 さらに既存のシルウオッチに色違いの腕時計を追加できないでしょうか?

(以下 商品内容、利用方法のご質問への回答)


1.お手元で御利用中の腕時計受信機を新規購入のシルウオッチへ組み込む。
2.新規に購入で色違いの腕時計受信機を既に利用中のシルウオッチへ追加。
3.グループは2つ。混信しないことが条件。

以下のようなイメージとなります。
グループ1で御利用中で、今回グループの組み替えを行う腕時計受信機(ブラック)は、ID変更のために一旦メーカーにお預かりする形となります。

複数セットのシルウオッチのグループ変更と組み替え。手元の腕時計受信機を新規セットへグループ変更し、さらに新しい腕時計受信機を数年前から利用中の別セットシルウオッチへ組み込む。

以下のような機器構成なります。
新規のご購入分の機器
1.送信機1台
2.腕時計受信機1個(ブラック&ピンク )
3.腕時計受信機1個(ホワイト&ピンク)
   ※グループ1用に購入。


グループの組み替えは、数年前から御利用中のシルウオッチのご購入時期とご購入の際の名義、送信機、受信機のIDがわかれば可能です。 個別にご相談いただければと存じます。
※上の点がわからない場合は、受信機、送信機類を一旦お預かりしてお調べする必要のある場合がございます。別途ご相談下さい。



商品ご紹介のページはこちら。

シルウォッチ−携帯型無線呼び出しシステム
シルウォッチ−携帯型無線呼び出しシステム
工場や倉庫など各種施設、現場担当者の無線呼びだしや緊急通報。 さまざまな場面で活用できる持ち運び式無線通信情報システムです。
シルウォッチは機械・装置などと連動して、振動・音・文字などで腕時計型受信器等へ情報を届ける無線通信機器。 騒音の激しい製造工場や工事現場、静寂が必要な各種施設での情報通達から店舗等での無線連絡にも御利用いただけます。
大型店舗、ホール、野球場、大型事業所、工場、倉庫などでの緊急連絡、呼出、生産ラインの管理などで 無線呼びだし用通信機器として様々なニーズにご提供できます。 通信距離100〜150m。通信距離を延長する中継機リピーターを追加することもできます。
送信機はリレー接点信号(無電圧接点)で自動送信することができますので、 設備監視にもご利用いただけます。


シルウォッチ−携帯型無線呼び出しシステム

長距離無線連絡システム-通信距離100〜300m

近距離無線連絡システム−通信距離10〜30m

接点信号入力で作動する自動無線通報装置

長距離無線押しボタン呼び出しシステム-通信距離100〜300m

近距離無線押しボタン呼び出しシステム-通信距離10〜30m

無線パトランプ、回転灯

携帯電話網を利用する自動電話通報装置

NTT固定電話回線を利用する自動電話通報装置

ソーラー電源式無線システム

充電バッテリ電源式無線システム

離れた場所の接点信号をオンオフ操作する遠隔操作システム

距離自動感知タイプの無線警告装置

各種警報装置、アラームシステム

家庭用ワイヤレス呼び出しアラーム

呼び出しチャイム

ポケットベル

安否確認、緊急ボタン、徘徊防止装置

防犯システム

電源オンオフシステム

停電時対応の警報装置、コールシステム

押しボタンの形状によって選ぶ無線コールシステム

特定小電力無線システムの電源別の送受信機の組み合わせ

緊急信号通報機導入例

長距離近距離ワイヤレスアラームシステムの運用例

会社案内



トップページへリンク


内容の無断転載を禁止します。

 (C)Copyright 無線呼び出しシステム.com.All rights reserved.
商品のお問い合わせはお気軽にどうぞ。


..