トップページ>> ホワイトホン>>

ホワイトホンの卓上タイプと壁付けタイプは同じものでしょうか?

卓上型と壁掛け型が別々になっていますが、 卓上、壁掛け兼用タイプはないのでしょうか。
壁掛けにするか卓上にするかで思案中なので、ご回答の程宜しくお願い致します。


(以下 商品内容、利用方法のご質問への回答)


ホワイトホンの卓上型と壁付け型は いくつかの部分が異なっております。

まず、ホワイトホン本体の裏面についている ベースボードが壁付け型と卓上型で形状が異なっております。

また、壁付けタイプは縦に設置しても受話器が落ちないように 受話器を引っかける部分に爪が出ています。
卓上タイプは縦にすると受話器が落ちてしまいます。



商品ご紹介のページはこちら。

ホワイトホン
ホワイトホン
3キャリア(NTTdocomo、softbank、au)に対応した卓上専用のホワイトホン。 留守中や持ち場を離れた時でも、受話器をあげただけで 接続された携帯電話を使って担当者に電話を転送します。 離れた場所から応対が可能になります。 携帯電話を使って会話をするインターホンです。 24時間営業の無人店舗、タクシー乗り場、無人倉庫、会社の受付カウンター、公園や駐車場などで、 遠くから御客様の応対が可能になります。

携帯電話網を使った無人受付電話です。
NTTドコモ、ソフトバンク、auの携帯電話通話エリア内でしたら無人の場所のお客様の応対が可能です。
ホワイトホンは携帯電話機のイヤホン部分に接続して使用します。
ホワイトホンのイヤホン接続部分は統合端子接続タイプと平型イヤホン端子接続の2種類があります。
使用する携帯電話機は事前にご確認ください。※ホワイトホンに使用できない機種がございます。
ホワイトホンの電源はAC100V(一般家庭用電源)が必用になります。
ホワイトホンに内蔵した携帯電話機への自動充電機能も含まれています。

事務所、店舗、工場、倉庫などでご利用いただける緊急通報装置、非常押しボタン装置のご相談を承ります。
携帯電話を使った緊急通報装置、アラーム装置のご相談を承ります。
お見積もりのご依頼は無料にて承っております。商品へのご質問のご相談もお気軽にお問い合わせください。


長距離無線連絡システム-通信距離100〜300m

近距離無線連絡システム−通信距離10〜30m

接点信号入力で作動する自動無線通報装置

長距離無線押しボタン呼び出しシステム-通信距離100〜300m

近距離無線押しボタン呼び出しシステム-通信距離10〜30m

無線パトランプ、回転灯

携帯電話網を利用する自動電話通報装置

NTT固定電話回線を利用する自動電話通報装置

ソーラー電源式無線システム

充電バッテリ電源式無線システム

離れた場所の接点信号をオンオフ操作する遠隔操作システム

距離自動感知タイプの無線警告装置

各種警報装置、アラームシステム

家庭用ワイヤレス呼び出しアラーム

呼び出しチャイム

ポケットベル

安否確認、緊急ボタン、徘徊防止装置

防犯システム

電源オンオフシステム

停電時対応の警報装置、コールシステム

押しボタンの形状によって選ぶ無線コールシステム

特定小電力無線システムの電源別の送受信機の組み合わせ

緊急信号通報機導入例

長距離近距離ワイヤレスアラームシステムの運用例

会社案内



トップページへリンク


内容の無断転載を禁止します。

 (C)Copyright 無線呼び出しシステム.com.All rights reserved.
商品のお問い合わせはお気軽にどうぞ。



..