本文へスキップ

ショートメール通報装置で発信用に使用するドコモFOMA SIMカードの契約方法のご案内。

FOMA ドコモSIMカードの契約方法(※2018年10月現在)

ドコモショップ店頭で通報機に埋め込むSIMカードをご契約ください。本製品を御利用いただく場合は以下のSIMカードが必須です。

※契約の際は本人確認書類が必要になります。ご本人様でしか契約できません。
※SIMカードをご契約の際は、納品の通報装置をドコモショップにお持ちください。

SIMカードをご契約の際は、弊社より納品した通報装置と契約に伴う身分確認等の必要書類を持参してください。



SIMカードは、縦25o×横15oのサイズのものをご用意ください
SIMカードは、縦25o×横15o(UIMカード)のサイズのものをご用意ください。


以下 プランの費用(消費税別)です。

FOMA総合プラン プラン名 『タイプSS バリュー』のご契約の流れ。(個人、法人とも契約可能です。ドコモショップ店頭で契約できます。)

事務手数料3000円(初期費用)
月額基本使用料1,864円
ショートメール1通あたりの通信料(税抜き)3円 ※文面の文字数全角1〜70文字(半角英数字のみの場合1〜160文字)
2年契約で月額基本料半額934年 / 途中解約金あり


※ご注意
店頭でのSIMカード購入から実際の開通まで数時間かかる場合があります。
上のように2年間同一回線の継続利用を申し込むと、基本料金が割引になります。SIMカードをご契約の際に『ファミ割50/ひとりでも割50』の加入が必要です。


※ご注意
FOMAタイプSSバリューの新規契約は2019年9月30日で終了いたします。
タイプSSバリューのサービスの提供期間ですが、 昨年のNTTドコモの株主総会でドコモの社長が2020年代中頃までサービスを継続する予定との発言がありましたが、 まだ正式には決定しておりません。詳細はNTTドコモご確認ください。2019年4月22日現在。
なお、本製品は4Gには対応できておりませんので、 FOMAタイプSSバリューの提供が終了した時点でご利用いただけなくなります。


ドコモホームページ


タイプSS バリュープランの申込書の記入例 タイプSS バリュープランの申込書の記入例、契約は簡単です。

通報機のご購入、SIMカードの契約、導入までの流れ。
FOMA総合プラン プラン名 『タイプSS バリュー』のご契約の流れ


ショートメール1通を送信する度に、基本料金以外に以下の通信料の課金が発生します。
ショートメールの送信文字数に応じて1回あたり3〜30円です。


送信文字数 1回あたりの料金(税抜)
全角1〜70文字(半角英数字のみの場合1〜160文字) 3円
71〜134文字(半角英数字のみの場合161〜306文字) 6円
135〜201文字(半角英数字のみの場合307〜459文字) 9円
202〜268文字(半角英数字のみの場合460〜612文字) 12円
269〜335文字(半角英数字のみの場合613〜765文字) 15円
336〜402文字(半角英数字のみの場合766〜918文字) 18円
403〜469文字(半角英数字のみの場合919〜1071文字) 21円
470〜536文字(半角英数字のみの場合1072〜1224文字) 24円
537〜603文字(半角英数字のみの場合1225〜1377文字) 27円
604〜670文字(半角英数字のみの場合1378〜1530文字) 30円
(ご利用の機種またはアプリにより1回に送信可能な文字数が異なります)


※それぞれの契約の内容は、お近くのドコモショップでご確認ください。







弊社HPトップ頁へ

長距離無線送受信機100〜300m


近距離無線送受信機10〜20m

接点信号自動通報装置

無線押しボタン100〜300m

無線押しボタン10〜20m

タイマー内蔵無線送受信機

無線式パトランプ

携帯電話網を使った自動通報装置

固定電話網を使った自動通報装置

メール自動通報装置

ソーラー0電源無線送信機

充電バッテリ式無線通報機


接点信号出力遠隔操作装置

距離検知式自動警報装置

各種警報装置


ポケットベル


安否確認、徘徊警告装置

電源オンオフ遠隔操作


停電時も作動呼出装置


ボタン形状で選ぶ無線呼び出し装置

特定小電力無線の組み合わせ

緊急通報機導入例

無線アラーム導入例

会社案内