本文へスキップ

月額の管理費不要の一人暮らし高齢者見守りサービスシステムへの質問と回答、Q&A集。

一人暮らし高齢者安否確認システムへのご質問と回答

安否異常発生を知らせる音声アナウンスの内容を変更できますか?
音声アナウンスはメーカーで変更する事ができます。新たな緊急アナウンスは、お客様よりメッセージ内容をいただきまして、メーカーで通報機のアナウンスを吹き直して行います。その際は、自動電話通報装置を1週間ほどお預かりする形となります。
メッセージは7秒間以内となっております。吹き替え費用は15000円のご請求となります。
※2019年10月1日現在

長期間、家を留守にします。安否確認装置はどうすればいいですか?
外出モードにするか、もしくは、自動電話通報装置の電源プラグをコンセントから抜いておいてください。電源を切ることで内部に覚え込んだ電話番号やタイマー設定が抹消されることはありません。

通報先に電話がかかってきません。電話回線はインターネットを使わないアナログの電話回線です。何が原因でしょうか?
緊急通報機の設定の、プッシュ回線/ダイヤル回線、の設定をダイヤル回線の設定でお試しください。通報装置を繋ぐ電話回線の種別が間違っていますと、緊急通報をする事ができなくなります。インターネットを使っていらっしゃらないとの事ですので電話回線の種別がダイヤル回線の可能性がございます。
プッシュ回線とダイヤル回線は外観に違いはありませんので、電話会社で確認するしかございません。
※出荷時はプッシュ回線に設定されています。





月額の管理費不要の一人暮らし高齢者見守りサービスシステム
長時間、住宅内に設置した人感センサーが一度も人の動きを検知できない時に、ご家庭の電話回線を使ってご家族の方の携帯電話などへ自動的に警告アナウンスを流します。
月々の経費不要の一人暮らし高齢者安否見守りシステム。

健康にすぐれない一人暮らしのご家庭、独居老人世帯の安全対策に。
安否確認システムが異常事態の発生を感知すると、自動電話通報機がご家族の方の携帯電話などへ自動的に直接連絡を行います。

コールセンターなどは中継しませんので月々の管理費用や契約料金はかかりません。
既設の電話回線を緊急通報の際に一次的に使って自動緊急通報を行います。




高齢者のご自宅の中に人感センサーを取り付けます。一定時間内に1回も人感センサーがh人の動きを検知できない時、ご家族の携帯電話などに自動的に異常事態発生を知らせるアナウンスを流します。取付簡単。センサーは複数個ご利用いただけます。

本製品トップ頁
本製品の利用例、応用品
追加オプション機器
製品の価格
商品のお問い合わせ
会社案内
弊社HPトップ頁へ


バナースペース


本製品のご紹介トップ頁へリンク
本製品の利用例と応用品
本製品への追加オプション機器
本製品の価格
本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼

長距離無線送受信機100〜300m
近距離無線送受信機10〜20m

接点信号自動通報装置

無線押しボタン100〜300m

無線押しボタン10〜20m

タイマー内蔵無線送受信機

無線式パトランプ

携帯電話網を使った自動通報装置

固定電話網を使った自動通報装置

メール自動通報装置

ソーラー0電源無線送信機

充電バッテリ式無線通報機


接点信号出力遠隔操作装置

距離検知式自動警報装置

各種警報装置


ポケットベル


安否確認、徘徊警告装置

電源オンオフ遠隔操作


停電時も作動呼出装置


ボタン形状で選ぶ無線呼び出し装置

特定小電力無線の組み合わせ

緊急通報機導入例

無線アラーム導入例

会社案内