本文へスキップ
1
無線式遠隔通報型非常ボタンシステムは最大通信距離が300mになっていますがどこまで通信距離が延びるのでしょうか?

無線式遠隔通報型非常ボタンシステムへの内容

最大見通しの通信距離が300mになっていますが、 アンテナ増設や中継装置設置でどこまで通信距離が延びるのでしょうか?

(以下 ご質問への回答)

無線システム全般に共通することですが、 使用する環境に応じて送信機と受信機の間の通信距離はかなり変化いたします。

送信機〜受信機の通信距離の目安といたしましまして 100〜300mと環境によって幅があるとお考えいただければと存じます。
300mは河川や海岸などのような全く電波を遮るものがない、相当に通信環境がよい場合とお考えください。 途中に丘などがある場合も同様となります。
※送信側と受信側の途中に壁がある場合、建屋が異なる場合、工場などで大きな機械がたくさん動いている場合に自然発生の電磁波などに影響を受けるときも希にあります。


本製品は送信機、受信機とも外部用の独立アンテナユニットを使用することができます。

送信機本体と受信機本体が互いに直接見える位置に設置できない場合、 アンテナユニットをケーブルで伸ばして離れた位置に設置し、 送信アンテナ、受信アンテナが互いに見通しの利く場所に設置すると通信環境をよくすることができます。

別棟間で送受信をご希望の場合は、アンテナ部分だけを防雨構造にして製作し、 アンテナどおし見通しの利く外壁に設置すると通信環境が良くなります。

送信アンテナ、受信アンテナが互いに見通しの利く場所に設置すると通信環境をよくすることができます。

送信側と受信側のアンテナどおしを見通しの利く位置に設置するイメージ図。
送信機本体、受信機本体は室内に設置。


さらに途中に特定小電力無線中継機を入れて電波の届く距離を延長することができます。
無線中継器は受信機と送信機が一緒になったものとお考えください。
中継機の受信部で一旦電波を受けて、送信部から電波を送信し直すような、バケツリレーのような動きを行います。

大まかな目安となりますが、通信距離は約2倍になるとお考えいただければと存じます。 電波自体は指向性はありませんので、曲がり角を迂回するようにして電波を飛ばすこともできます。

送信機と受信機の間に壁があるという極端な例。金属の壁の場合、電波が遮断されます。
送信機と受信機の間に壁があるという極端な例。金属の壁の場合、電波が遮断されます。
中継機の受信機を送信側、中継機送信部を受信側に設置。
受信部と送信部は有線ケーブルで壁を貫通して電波を出し直しするような運用イメージです。



商品の詳細なご紹介ページはこちら!
 

無線式遠隔通報型非常ボタンシステム(特定小電力無線)

緊急呼び出し用の押しボタンを押す電波を送信。 数百m離れたや受信機ではパトランプやブザーの鳴動、もしくは接点信号の出力を行います。 長距離型無線の緊急呼び出し装置、ワイヤレスの呼び出し装置です。

工場内での一人作業中の緊急連絡と労災防止対策。工場での担当者呼び出し装置、倉庫、スポーツクラブ内での緊急連絡、 大型ホール、野球場、 駐車場、大学、研究施設、市場、港湾施設、鉄道施設、役所、工事現場など様々な場所でご利用いただいております。

受注生産品ですので屋内での使用、屋外での使用、 ソーラーパネル方式など電源の種別などについてのご要望のご相談をさせていただいております。

   無線式の緊急呼び出しボタンを押すと数百m離れたや受信機側でパトライトやブザーの鳴動

バナースペース

長距離無線送受信機100〜300m

近距離無線送受信機10〜20m

接点信号自動通報装置

無線押しボタン100〜300m

無線押しボタン10〜20m

タイマー内蔵無線送受信機

無線式パトランプ

携帯電話網を使った自動通報装置

固定電話網を使った自動通報装置

メール自動通報装置

ソーラー0電源無線送信機

充電バッテリ式無線通報機


接点信号出力遠隔操作装置

距離検知式自動警報装置

各種警報装置


ポケットベル


安否確認、徘徊警告装置

電源オンオフ遠隔操作


停電時も作動呼出装置


ボタン形状で選ぶ無線呼び出し装置

特定小電力無線の組み合わせ

緊急通報機導入例

無線アラーム導入例

会社案内

株式会社LIBERO

〒937-0811
富山県魚津市三田3507-2

TEL 0765-24-2816
FAX 0765-24-2793