本文へスキップ

専用の無線送信機は設備、センサー、警報盤などから接点信号が入力されると自動的に電波を発信します。電波を受信した無線受信機は予めタイマー設定された時間だけ接点信号を出力します。接点信号の警報を受けた無線受信機が決められた時間だけパトランプを駆動させる事もできます。
信距離100〜300m。

タイマー回路内蔵型接点信号入力型無線自動通報システム
専用の無線送信機は各種設備装置、センサー、警報盤などから内蔵された端子台に接点信号が入力されると自動的に電波を発信します。
電波を受信した無線受信機は予めタイマー回路で設定された時間だけ接点信号を出力を行います。
無線受信機はタイマー回路で決められた時間だけパトランプやブザーなどを駆動させる事もできます。
通信距離100〜300m。


途中に中継機を入れて電波の届く距離を伸ばすこともできます。日本製の商品です。

タイマー式接点入力型無線自動通報システム(特定小電力無線)

設備監視の無人化、省力化、無駄ロスの排除、経費削減、人件費削減、迅速なトラブル対応、労働災害防止などにご利用いただけます。
設備監視の無人化、省力化、無駄ロスの排除、経費削減、人件費削減、迅速なトラブル対応、労働災害防止などにご利用いただけます。




本体と独立した送信アンテナ、受信アンテナを使って障害物を迂回しながら電波を送受信しやすくできます。異なる建屋どおしの場合、アンテナを外に取り付ける事もできます。

信頼性の高い日本製の商品です。日本国内で開発、生産されている商品です。

本製品は受注生産品です。屋外使用、電源の種類(AC200V、DC電源)などご要望に応じてカスタマイズ、仕様変更のご相談もうけたまわっております。
下の送信欄からお気軽にお問い合わせください。お待ち申し上げております。


当商品の特徴
  • タイマー回路内蔵送信機、受信機と独立した外部送信アンテナ、外部受信アンテナを使って障害物を迂回しながら電波を送受信しやすくできます。
  • タイマー回路内蔵送信機、受信機とも複数台の組み合わせでご利用いただけます。
  • タイマー回路内蔵送信機、受信機は互いに登録、抹消ができます。複数台ある場合には組み合わせの変更も可能です。
  • ご希望のブザー類、ランプ類、音声アナウンス装置等を受信機、送信機に連動するようにして製作する事もできます。
  • ご利用に伴う役所への届け出は必要ありません。
  • 受注生産品。屋外での使用、電源種別(AC電源、DC電源、ソーラー等))のご要望に応じてカスタマイズのご相談も承ります。
  • お見積もりのご依頼は無料にて承っております。
  • 事前に現地で電波の届く距離をチエック出来る簡単なデモ機をご用意できます。




【システムが作動した時の動作イメージ】

発信側
【送信機側】
タイマー回路内蔵接点新号監視特定小電力無線送信機
特定小電力無線送信機
無電圧A接点信号入力端子1個内蔵
電源:AC100V  日本製

無電圧A接点信号 有線接続

各種設備、警報盤 各種設備、警報盤
※無電圧A接点信号出力端子が必要になります。
無電圧a接点信号、普段は開放している接点で、外からの指示が入ると閉じる接点です。
無電圧a接点
普段は開放している接点で外からの指示が入ると閉じる接点です。

独立外部送信アンテナ。接点信号監視送信機を金属製制御ボックスに収納する場合
送信機を金属製制御ボックスに収納する場合。
電波を発信するアンテナを独立させて
アンテナのみを制御ボックスの外に出すことができます。

専用の無線送信機は1個毎に独自のIDコードが埋め込まれています。 受信機の内蔵メモリにID登録された送信機にのみ、受信機が反応する仕組みになっていますので、 他の部署の方が所持している同型の送信機で勝手に操作される事はありません。


外部送信アンテナ
付属している外部送信アンテナ。
受信機本体と外部アンテナ(ロッドアンテナ)を接続ケーブルで繋ぎます。接続ケーブルの長さは標準4m。最長10mまで延長する事ができます。
※写真は10mの接続ケーブルとアンテナ。
特定小電力無線
長距離無線 通信距離100〜300m
特定小電力無線
受信側
【特定小電力無線受信機】
タイマー回路内蔵特定小電力無線受信機。
登録された特定小電力無線送信機からの電波を受信すると、内蔵されたタイマー回路で設定された長さの時間だけ接点信号出力(無電圧a接点信号出力)を行います。
タイマー時間が終了すると接点出力も終了します。

タイマー回路内蔵特定小電力無線受信機
受信機本体+外部受信アンテナ

電源AC100V(それ以外はご相談)
日本製。
受信機とアンテナを結ぶケーブルが最長10mまで延長できます。

※内部端子台よりAC100V電源出力を行う使用も製作できます。

受信機側でパトランプを回転させることもできます。
受信機側でパトランプを回転させることもできます。


外部送信アンテナ
付属している外部受信アンテナ。
受信機本体と外部アンテナ(ロッドアンテナ)を接続ケーブルで繋ぎます。接続ケーブルの長さは標準4m。最長10mまで延長する事ができます。
※写真は10mの接続ケーブルとアンテナ。




『送信機と受信機に付属している独立した送信アンテナと受信アンテナのご説明』

独立送信アンテナと受信アンテナのイメージ図
送信機本体と受信機本体と離れた位置に独立したアンテナを設置できます。アンテナの取付位置を調整して電波を遠くまで送受信しやすくできます。電波を遠くまで送受信しやすくできます。送信アンテナと受信アンテナは同形状。


廊下などの遠くまで繋がった空間にアンテナを設置して電波を受信機に届きやすくできます
同一建物内で同一フロアなのに、壁が電波を遮断して電波を受信機に遅れない場合、廊下などの遠くまで繋がった空間にアンテナを設置して、電波を受信機に届きやすくできます。

建物自体の壁に電波が遮断される場合は送信側のアンテナと受信側のアンテナを互いに見通しの利く位置に設置して通信しやすくできます
別棟間で通信する場合。建物自体の壁に電波が遮断されます。送信側のアンテナと受信側のアンテナを互いに見通しの利く位置に設置して通信しやすくできます。

外部独立アンテナ
アンテナの外観。送信アンテナと受信アンテナは形状は同じです。本体とアンテナは有線接続ケーブルで繋ぎます。
接続ケーブルの標準4m。ご要望に応じて最長10mまで伸ばす事ができます。
※上 アンテナと巻いてある接続ケーブルの写真。


独立アンテナの土台にはマグネットベースが付いています
外部アンテナの土台部分。
金属面に接着用の磁石が内蔵されています。
受信機側の受信アンテナも同型です。




接点信号作動型特定小電力無線送信機
タイマー回路内蔵接点信号作動型特定小電力無線送信機
接点信号(無電圧A接点信号)が内部端子に入力されると受信機へ向けて無線通報します。
送信機は外部送信アンテナユニットとセットになっています。
電源:AC100V(標準)
予め防雨ケースで製作する事もできます。
別途、改造でブザーやパトランプ、表示灯などを接続することもできます。
アンテナはロッドアンテナ型。屋内屋外兼用です。
途中に障害物のある場合は廊下や屋外の空間、大きなフロアなどを通じて障害物を迂回して電波を流すようにします。
ご希望の内容を個別にご相談下さい。


タイマー回路内蔵特定小電力無線受信機
特定小電力無線受信機

送信機からの電波を受信すると、タイマー回路で設定された時間の長さだけ接点信号(無電圧A接点信号出力)出力を行います。


接点端子に回転灯をつないだり、受信機に電子ブザーを内蔵させてを鳴動させることもできます。
電源:AC100V仕様

改造で受信機に75デシベル程度の電子ブザーを内蔵することもできます。
75db電子ブザーの音色 標準音 ピーーーーー
ブザー部品を変更することで以下のような音色を鳴らすこともできます。
ブーッ
フリッカ音(プイッ、プイッ、プイッ...)
ホロホロ音(ピリリリリリリ.....)
アンテナはロッドアンテナ型。屋内屋外兼用です。
途中に障害物のある場合は廊下や屋外の空間、大きなフロアなどを通じて障害物を迂回して電波を流すようにします。




以下 取付例
送信機と受信機の間にある機械や商品が電波の障害物になる場合。
送信機の独立アンテナ、受信機の独立アンテナをそれぞれ天井付近に設置して、天井の空間伝いでアンテナとアンテナが見通しの利く状態にすると電波は遠くまで届くようになります。
大きな工場や倉庫などの場合に利用できます。

天井の空間伝いでアンテナとアンテナが見通しの利く状態にすると電波は遠くまで届くようになります。


送信機と受信機の間にある建物の壁に電波を遮られて、送信機の電波が受信機に直接届かない場合、
送信機の独立アンテナ、受信機の独立アンテナをそれぞれ廊下や通路に有線ケーブルで引き出してアンテナとアンテナが見通しの利く状態にすると電波は遠くまで届くようになります。
※廊下が曲がっていたりするなど環境により通信距離は変わります。
送信機の独立アンテナ、受信機の独立アンテナをそれぞれ廊下や通路に有線ケーブルで引き出してアンテナとアンテナが見通しの利く状態にすると電波は遠くまで届くようになります。


送信機と受信機が別の建物同士で設備異常を無線で連絡する場合。
外部送信アンテナユニット、外部受信アンテナユニットをお互いに見える建物の外壁に取り付けます。
アンテナユニットのみを独立させて、お互いに送受信しやすい位置(お互いに見える位置)まで延長して取り付けます。
アンテナは防雨構造することができます。

別棟間の特定小電力無線による接点信号の送受信イメージ図



利用例
同一フロア内で混信しない複数チャンネルを設定する事ができます。ご希望の場合は個別にご相談ください。
以下 別系統の2チャンネル(2セット)を導入するイメージ図。
送信機No.1から電波が送信される。→受信機No.1の赤ランプが点灯。
送信機No.2から電波が送信される。→受信機No.2の青ランプが点灯。
接点信号監視用特定小電力無線システムは同一フロア内で混信しない複数チャンネルを設定する事ができます


利用例
送信機3台+受信機1台。発報した送信機の識別機能無し。
3台の内のいずれかの送信機が作動すると、受信機の無電圧A接点出力がONに変わります。
全ての送信機が停止すると受信機の無電圧A接点出力が自動的にOFFに変わります。
受信機の接点出力は送信機の状態に合わせて自動的に切り替わります。
3台の内のいずれかの送信機が作動すると受信機の無電圧A接点出力がONに変わります。



無線中継器の利用方法 (※追加オプション機器)
送信機から遠信機の間の通信可能距離を延長したり、電波を遮断しやすい障害物を避けるための迂回ルートを作るためなどに使用する機器です。
具体的な運用方法につきましてはメールや御電話などでお問い合わせください。
標準電源:AC100V

特定小電力無線中継機

中継機の基本イメージ。中継機は、送信部(箱形)と受信アンテナがケーブルで繋がった形状をしています。

特定小電力無線中継機の基本イメージ図
電波の障害になっているポイントに中継機の受信部と送信部が配置されています。
中継機は受信アンテナと送信部(本体ケース)が有線ケーブルで繋がった形状をしています。
アンテナケーブルの長さ:最長10mまで。
中継機の受信アンテナで送信機から発信された電波を受信すると、反対の送信部(箱)から同一の周波数の電波を再送信します。


(以下 中継機の利用イメージ図)

同一建物、同一フロアだけれども壁に電波が遮断される例。
つながった空間である廊下の角に中継機を設置して見通しの利かない部屋と部屋の間の電波を中継する運用イメージ。
外部送信アンテナ側に中継機の受信アンテナを設置します。
廊下の角に中継機を設置して電波を遠くまで流すイメージ図


吹き抜けの階段室に中継機を置いて1階→3階の事務所へ通報するイメージ図。
上階と下階の繋がった階段室の空間を利用して電波を流します。
階段室を使って1階から3階に電波を流すイメージ図


屋外用の中継機を使って異なる別の建物へ異常を知らせる運用イメージ図。
特定小電力無線の電波自体は指向性はありませんので、イメージ図のように電波を遮断する建物や塀を迂回して通信距離を伸ばすこともできます。
送信機からの電波を直角に迂回するようにして、受信機のアンテナまで届かせます。
ソーラー電源方式の中継機も製作できます。
屋外用の中継機を使って異なる別の建物へ異常を知らせる運用イメージ図



電波を遮断する建物自体の外壁に防雨ケース収納の中継機を取り付けて電波を迂回させて受信機まで流してやるイメージ図。
電波を邪魔する建物の角に、接点信号監視無線送信機側のアンテナと接点信号出力無線受信機側のアンテナの両方を目視できるポイントが存在する場合には、以下のイメージ図のように建物の角に中継機を配置して電波を受信機まで流してやる方法があります。

中継機受信アンテナ→ 送信機の独立送信アンテナが目視出来る位置。
中継機送信部(箱)→ 受信機の受信アンテナが目視出来る位置。
中継機受信アンテナと中継機送信部(箱)は専用の有線ケーブルでつながります。
長さは最長10m。
電波を遮断する建物自身の外壁に防雨ケースに収納した中継機を取り付けて電波を迂回させて受信機まで流してやるイメージ図


送信機付属の送信アンテナと受信機付属の受信アンテナの双方から見通しの利く対面の建物の外壁に中継機を配置して、障害物を避けて通信する方法。
送信機と受信機の双方から見通しの利く対面の建物の外壁に中継機を配置して、障害物を避けて通信する方法


工場棟内の設備監視室内の警報を離れた事務棟へ無線緊急連絡を行う場合。
設備管理室が事務棟から見て工場棟の反対側に位置する場合、電波は直接管理棟まで流れにくくなります。
工場の事務棟側の外壁に中継機を配置して電波が流れやすくするようなイメージ図。
工場棟内の電波を中継機を使って一旦屋外に出してやり、管理棟側の受信アンテナで拾う運用イメージとなります。
設備管理室が事務棟から見て工場棟の反対側に位置する場合、電波は直接管理棟まで流れにくくなります。工場の事務棟側の外壁に中継機を配置して電波が流れやすくするようなイメージ図。工場棟内の電波を中継機を使って一旦屋外に出すような運用イメージとなります。


無線送信機と受信機の間に2台の中継機を介して遠くまで電波を届かせるイメージ図。中継機1と中継機2の配置に注意が必要となります。
携帯発信器と受信機の間に2台の特定小電力無線中継機を入れて電波の届く距離を伸ばすイメージ図


1台の押しボタン送信機から2台の受信機+回転灯を一斉操作するイメージ図。送信機から受信機No.1の間に障害物のある場合、受信機No.1は中継機を介して電波を受信機まで着信させます。
1台の押しボタン式特定小電力無線送信機から2台の受信機+回転灯を一斉操作するイメージ図。うち、受信機1台は中継機を介して電波を受信機まで着信させます。

※中継機を使う際のご注意
中間に中継機を入れますと、送信から受信までの間に数秒タイムラグが生じる場合があります。



直径100ミリ小型LED表示灯
パトライト社の小型LED表示灯。受信機にケーブルで接続して作動させる事もできます。
外観は同じで、ブザー内蔵の機種とブザーの内蔵されていない機種をお選びいただけます。
黄色のパトライト社製小型LED回転灯の外観写真


黄色LED回転の駆動中の写真
黄色ランプの回転時の写真。

LED光源とブラシレスモータ採用により長寿命を実現。メンテナンス工数を大幅に削減し、長期間安心してご使用いただけます。高所取付で使用される作業車の手配コストや作業工賃の削減に貢献します。

高視認性。新開発のデュアルリフレクタは、2重の反射鏡でLEDの光を効率的に集光。拡張された発光面積により視認性向上。回転灯特有の「走る光」の効果をさらに際立たせます。長寿命化でメンテナンスの心配無要。ブザーを併用することでより注意喚起が可能です。

パトライト社製回転灯、4色からお選びいただけます
色は4色からお選びいただけます。

ランプ部分のサイズ  直径100ミリ 縦140ミリ
電圧 AC100V
取付方法  3点ボルト足で取り付け金具に取り付けます。
警告音 ブザー内蔵の機種とブザー無しの機種の2種類からお選びいただけます。ブザーの音量は90dbです。
材質(グローブ/ボディ) ポリカーボネート
適合規格 PSE

弊社の無線受信機にパトライト製回転灯を接続した写真。
回転灯の電源接続部分は電源プラグではなく、受信機内部の電源端子台に電源線を直結した納品例の写真です。
弊社の無線受信機にパトライト製回転灯を接続した写真-受信機内部の電源端子台に電源線を直結した納品例の写真

回転灯の壁面取付用L字型ブラケット。回転灯の3点ボルトをブラケットにネジ止めします。その後、壁面にブラケットをネジ止めして固定しします。

回転灯下側に出ている回転灯固定用3点ボルト。壁面固定用ブラケットにボルトを通して固定します。

以下 壁面固定用L字型ブラケットを表示灯(回転灯)に取り付けた写真。
壁面設置用のブラケットを表示灯、回転灯に取り付けた写真

※ご注意
当機種の回転灯は振動の多い車両などに取付けての利用にはおすすめできません。車載で使用する際は振動に強い別機種でご検討をお願い申し上げます。
お選びいただけます。



-商品内容-
最大見通し100〜300m先まで無線通報が可能です。
(通信可能距離は周囲の環境によって変わります。)
既設の各種警報機や警報盤の無電圧リレーa接点出力端子に遠隔送信機を有線接続します。
接点信号が遠隔送信機に入力されると、離れた遠隔受信機へ向けて特定小電力無線を発信します。
遠隔受信機は遠隔送信機からの電波を受信すると接点出力、または表示灯やパトランプなどに電源出力(AC100V)を行います。

遠隔送信機の接点入力 無電圧a接点リレー入力
遠隔受信機の接点出力 無電圧a接点リレー出力  接点容量 電圧:AC100V 電流:1A

遠隔受信機から電源出力を御希望の場合は、接続する機器や照明、ランプなどのワット数などの仕様をご確認してご相談ください。

電源:標準品の送信機、受信機の電源はAC100V(家庭用電源)です。
AC200V、DC12V、DC24V、単相AC200V、ソーラー電源方式などを御希望の場合も個別にご相談ください。

屋外での御利用を御希望の場合もご相談ください。予め防雨ケースに収納した形状で製作するとこもできます。
そのほか、御希望の内容がございましたらお気軽にご相談ください。個別にお見積もりをさせていただきます。





【お問い合わせとご予算】
ご要望を記入の上、お問い合わせ欄よりお気軽にお問い合わせください。
本製品は受注生産品です。機器構成や運用方法により価格が変更になる場合がございます。
商品についてのご質問、お見積もりのご依頼、 機器構成の変更やご要望、 ご相談につきましてはお問い合わせ欄から、 お気軽にお問い合わせください。
個別にお見積もりをさせていただきます。 お見積もりは無料です。

本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼
お問い合わせとお見積もりのご依頼はこちらをクリックしてください。


本製品のご予算
本製品のご予算

お問い合わせ先
株式会社 LIBERO (リベロ)
〒937-0811 富山県魚津市三田3507-2
TEL:0765-24-2816
FAX:0765-24-2793
mail:post@anzen-mail.com
会社案内



−当商品の特徴−
  • 発信機、受信機と独立した外部送信アンテナ、外部受信アンテナを使って障害物を迂回しながら電波を送受信しやすい環境を作ることができます。
  • 電波発信機、受信機とも複数台の組み合わせでご利用いただけます。別チャンネルのセットをご利用いただくことも可能です。
  • 別チャンネルのセットをご利用いただくことも可能です。
  • 発信機、受信機は互いに登録、抹消ができます。複数セットある場合には組み合わせの変更も可能です。
  • ご希望のブザー類、ランプ類、音声アナウンス装置等を受信機、送信機に連動するようにして製作する事もできます。
  • ご利用に伴う役所への届け出は必要ありません。
  • 受注生産品。屋外での使用、電源種別(AC電源、DC電源、ソーラー等))のご要望に応じてカスタマイズのご相談も承ります。
  • 事前に現地で電波の届く距離をチエック出来る簡単なデモ機をご用意できます。
  • 日本国内で開発生産されている商品です。安価な外国製の製品と違い、点検修理が可能です。
  • 本製品は買い取り商品となっております。月々の管理費用は必要ありません。


テスト機
導入をご検討の際に、事前に現地で電波の届く距離をチエック出来るデモ機をご用意できます。
1週間無料で貸し出しいたしておりますので、このホームページの一番下の送信フォーム、メールファックス、御電話でお問い合わせください。
デモ機をご返却の際の宅配料金のみご負担をお願い申し上げます。




-商品のご紹介-

リレー接点監視無線自動通報装置(特定小電力無線)
無線送信機の端子台に接点信号が入力されると自動的に無線送信。受け側の受信機の端子台から接点信号出力を出力します。
機器の設備信号を受けて、離れた管理棟や事務所に無線通報、警告ブザーや回転灯を作動させて異常を報せます。
通信距離は100〜300m。
アンテナは独立していますので、障害物を避けて送受信しやすい位置に取り付ける事ができます。
工場の生産ラインなどの緊急通報、警報盤、センサー、測定器、設備異常監視に。
1接点の信号を特定小電力無線で伝送するイメージ図接 点信号入力型無線通報シ ステム(特定小電力無線)

リレー接点監視無線自動通報装置のご質問とその回答集


リレー接点監視無線自動通報装置(長距離無線)
特定小電力無線受信機からAC100V出力があれば当方で施工しやすいのですが...?

接点信号作動型の特定小電力無線送信機に停電時対策用のバッテリを組み込むことはできますか?

無線システムで受信機から80db以上の音量を出すことができますか?






本製品の利用例、応用品
追加オプション機器
商品への質問と回答
製品の価格
商品のお問い合わせ
会社案内
弊社HPトップ頁へ

本製品の利用例と応用品
本製品への追加オプション機器
本製品へのご質問と回答集
本製品の価格
本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼

長距離無線送受信機100〜300m


近距離無線送受信機10〜20m

接点信号自動通報装置

無線押しボタン100〜300m

無線押しボタン10〜20m

タイマー内蔵無線送受信機

無線式パトランプ

携帯電話網を使った自動通報装置

固定電話網を使った自動通報装置

メール自動通報装置

ソーラー0電源無線送信機

充電バッテリ式無線通報機


接点信号出力遠隔操作装置

距離検知式自動警報装置

各種警報装置


ポケットベル


安否確認、徘徊警告装置

電源オンオフ遠隔操作


停電時も作動呼出装置


ボタン形状で選ぶ無線呼び出し装置

特定小電力無線の組み合わせ

緊急通報機導入例

無線アラーム導入例

会社案内