本文へスキップ

無電圧接点信号が入力されるとアナログ回線、ISDN回線、ADSL回線など固定電話を使って予め登録された最大6カ所の電話番号へ音声アナウンスを流します。1台で最大4点までの接点信号を監視できます。

接点信号監視自動電話通報装置-固定電話網を使った緊急連絡システム
無電圧接点信号が入力されるとアナログ回線、ISDN回線、ADSL回線など固定電話を使って予め登録された最大6カ所の電話番号へ音声アナウンスを流します。1台で最大4点までの接点信号を監視できます。

設備機器の移報接点に接続、接点信号により作動する固定電話回線を使った外部通報装置です。現地に固定電話回線が既にひかれている場合の設備監視におすすめします。

-無電圧a接点信号が通報機に入力されるとNTT回線(アナログ回線、ISDN回線、ADSL回線、光電話など)の固定電話回線を使って自動連絡します。-

接点信号入力1〜4まで異なった音声アナウンスを電話回線を使って通報先に流す事ができます。

電話回線は通報の時に一次使用するだけですので、専用の電話回線は必要ありません。
※一先に自動電話通報する度に電話料金がかかります。

各種設備装置や警報盤の異常の無人監視
各種設備装置や警報盤、自動火災報知器の発報の無人監視。
接点信号監視用自動電話通報装置-固定電話回線を使った緊急連絡システム
設備の接点信号の発報を担当者が固定電話回線を使って音声アナウンスで自動通報します
設備の接点信号の発報を担当者が固定電話回線を使って
音声アナウンスで自動通報します。


設備やセンサー、各種警報盤の無電圧接点出力端子に接続して使用します。接点信号をNTT回線を使用して担当者へ連絡を行います。
携帯への連連絡も設定できます。

本システムは、異常事態が発生すると、お客様のご自宅の固定電話回線を一時的に使用して、自動電話通報機の登録された電話番号へ自動で電話をかけ、 異常を告げるアナウンスを流すシステムです。
現在お使いの固定電話回線を一時的に使用する緊急呼び出しシステムです。専用の電話回線は必要ありません。
1回10円程度(目安)で機械が指定の電話番号へ自動的にコールする運用イメージとなります。
※電話料金は、通報先の電話の種類、お客様の電話料金プランによって変わります。


機器異常、設備異常を携帯やスマホへ自動連絡する無線呼び出し装置、設備監視の運営効率の向上、省力化、無人監視にお役に立てます。
省力化に貢献,生産性の向上,無駄ロスを排除,ミスの防止と迅速なトラブル対応。



無電圧接点信号が本機に入力されるとNTT回線を使って自動連絡します


本製品は接点信号(無電圧a接点信号)が出力される設備装置、警報盤などに接続して使用します。
無電圧接点信号が本機に入力されると本機内蔵メモリにあらかじめ登録された電話番号へ自動的に電話をかけ始めます。
通報機からの緊急電話に出ると異常を知らせる音声アナウンスが流れます。

電話番号の登録変更や音声アナウンスの吹き込みは簡単です。

4接点信号監視用BBee110の内部端子台
ケース側面に4接点信号入力用の内部端子台がついています。
それぞれの端子台に信号ケーブルを差し込んでご利用下さい。
左から接点1、接点2、接点3、接点4、COM
無電圧a接点信号もしくはb接点信号




緊急連絡通報先の設定例。
緊急連絡先の電話番号は最大6つまで登録設定できます。

1カ所の電話番号へ5回、通報する設定。
同じ電話番号を5つ設定ソフトで登録します。

1.通報先1へ1回電話をかけます。

2.通報先1へ1回電話をかけます。

3.通報先1へ1回電話をかけます。

4.通報先1へ1回電話をかけます。

5.通報先1へ1回電話をかけます。


2カ所の携帯電話へ3回づつ電話をする場合。
通報先の1の電話番号3つ、通報先2の電話番号を3つ設定ソフトで登録します。

1.通報先1へ1回電話をかけます。

2.通報先1へ1回電話をかけます。

3.通報先1へ1回電話をかけます。

4.通報先2へ1回電話をかけます。

5.通報先2へ1回電話をかけます。

6.通報先2へ1回電話をかけます。


6カ所の携帯電話へ1回つづ電話をかける場合の設定。
通報先1〜6の電話番号を1つづつ設定ソフトで登録します。

1.通報先1へ1回電話をかけます。

2.通報先2へ1回電話をかけます。

3.通報先3へ1回電話をかけます。

4.通報先4へ1回電話をかけます。

5.通報先5へ1回電話をかけます。

6.通報先6へ1回電話をかけます。


1番の通報先には3回。2〜4番の通報先へは1回つづ電話をかける設定。
通報先の1の電話番号3つ、通報先2〜4の電話番号を1つ設定ソフトで登録します。

1.通報先1へ1回電話をかけます。

2.通報先1へ1回電話をかけます。

3.通報先1へ1回電話をかけます。

4.通報先2へ1回電話をかけます。

5.通報先3へ1回電話をかけます。

6.通報先4へ1回電話をかけます。

電話を1回発信する度に、数十円の電話料金が発生します。

接点毎に通報先の電話番号を選択する事はできません。監視しているどの接点信号が通報機に入力されても登録された電話番号全てに緊急電話連絡が入ります。



河川の水位の異常。水位計の警報盤から異常信号をとります。
河川の水位の異常。
既設の水位計の警報盤からの異常信号を無線送信機で拾って通報します。
※現地に固定電話回線が必要になります。

火災報知器の火災感知の異常。工場や倉庫、事務所などの自動火災報知器が火災発生を検知したときに出力される接点信号を拾っ て無線通報します。
火災報知器の火災感知の異常。
工場や倉庫、事務所などの自動火災報知器が火災発生を検知したときに出力される接点信号を拾って無線通報します。

生産ラインの異常を遠隔監視。工場内の設備の警報装置から接点信号を拾って離れた場所へ緊急通報します。
生産ラインの異常を遠隔監視。
工場内の設備の警報装置から接点信号を拾って離れた場所へ緊急通報します。
※現地に固定外線電話回線が必要になります。


(仕様) 

本通報装置を接続して使用できる固定電話回線(発信側)。 
2線式のプッシュ回線またはダイヤル回線。 
ISDN回線、ADSL回線、光電話回線のアナログポートに接続できます。。 
光電話回線
従来からのアナログ電話機で通話の出来る電話回線でご利用いただけます。

※ビジネスフォンなどPBX交換機を介した電話回線、ホームテレフォン、ゼロ発信電話、4線式電話機には接続して使用出来ません。
IP電話専用の電話機しか利用できない電話回線では使用できません。 



入力:接点入力端子4個付属(無電圧a接点入力もしくはb接点)
無電圧a接点信号、普段は開放している接点で、外からの指示が入ると閉じる接点です。
無電圧a接点
普段は開放している接点で、外からの指示が入ると閉じる接点です。
 


音声アナウンスを流す緊急連絡先の電話番号:
最大6先まで自動通報できます。登録された全ての電話番号へ自動通報を行います。 


電源:AC100V(ACアダプター) 
鍵付き防雨ケース収納。 
ケースサイズ:縦22センチ×横23センチ×厚み10センチ
消費電力 50mA(最大110mA)
動作温度 0〜40度 




緊急通報先の電話番号は最大6カ所まで設定できます。
全ての接点信号の発報を一人の保守担当者が監視する場合のイメージ図。
全ての接点信号の発報を一人の保守担当者が監視する場合のイメージ図。接点信号監視自動電話通報装置



緊急通報時に流される音声アナウンスはお客様で吹き替えをする事ができます。
接点1〜4まで異なった音声アナウンスを電話回線を使って流す事ができます。
流れてくるアナウンスの内容で、どの接点信号の発報かを電話口で識別する事ができます。
以下 アナウンスの吹き替え例。
接点1〜4まで異なった音声アナウンスを電話回線を使って流す事ができます。接点信号監視自動電話通報装置
 


(音声アナウンスの吹き替え例-入力1が発報した場合) 
『こちらは工場の設備1です 接点信号1の警報が発生しました』 

(音声アナウンスの吹き替え例-入力2が発報した場合) 
『こちらは工場の設備1です 接点信号2の警報が発生しました』 

音声アナウンスは、AパートとBパートに分けて録音することができます。 
Aパート → 『こちらは工場の設備1です』 
Bパート → 『接点信号1の警報が発生しました』、『接点信号2の警報が発生しました』 
※Aパートは入力1から4まで共通のアナウンスになります。 
※Bパートは入力毎にアナウンスを吹き込むことができます。


電話通報の終了条件
通報先の相手が、電話に出てから120秒以内に電話を切ると通報機は通報が終了したと認識します。
呼び出しても30秒以内に相手が電話に出ない場合は、通報に失敗した、という判断をして一旦電話を切ります。 



※ご注意−複数接点による外部通報をご利用の場合。 
複数の接点信号(接点1〜接点4のうち複数)が、 ほぼ同時に入力された場合、通報動作中の最中に入った信号分は通報がキャンセルされます。 内部メモリの履歴に残りません。 
リダイヤル分も含めて一旦通報動作が終了した後に新たに入った接点信号についてはそれ以降正常に通報が行われます。 


ワン切り呼び出し機能のご利用いただけます。
ワン切りによる呼び出しも専用ソフトで設定できます。
緊急通報先の電話の呼出音を鳴らすだけなので、電話に出なければ通話料はかかりません。呼び出し音は2〜3回程度鳴ります。
呼出音が鳴らない場合(留守番電話サービスが設定されていたりドライブモードなど)には料金が掛ってしまいますのでご注意ください。


出荷状態の設定では、接点が700mS(0.7秒)以上短絡が継続した場合に電話通報動作がスタートします。
内部ソフトの設定変更で以下の間で短絡検知時間を設定できます。
0mS(0秒)〜1310700mS(21分)
(例)
60000mS(1分)の設定の場合
接点の短絡が1分間以上連続したときに電話通報がスタートします。



アナログ回線(一般公衆回線)に本製品を接続する場合の例。電話線用の二叉ソケットを使った接続例。
アナログ回線(一般公衆回線)に本製品を接続する場合の例

市販の電話線二股ソケットの例、通報機と電話機を接続する側
市販の電話線二股ソケットの例、通報機と電話機を接続する側。
ヤザワ製 TP-4W
市販の電話線二股ソケットの例、電話線の元の方を接続する側
市販の電話線二股ソケットの例、電話線の元の方を接続する側。



ISDN回線、ADSL回線、NTT光電話回線に本製品を接続する場合の例。
アダプタ、モデムに電話機を接続する空きアナログポートがある場合はそちらに直接接続します。
ISDN回線、ADSL回線、NTT光回線に接続する場合の例


ISDN回線、ADSL回線、NTT光電話回線に本製品を接続する場合の例。
アダプタ、モデムに空きアナログポートが無い場合。電話線の二叉ソケットを使って接続する例です。
ISDN回線、ADSL回線、NTT光回線に接続する場合の例

【通報時の電話料金に目安】
電話動作がスタートすると、既設の電話回線を使って登録された電話番号を自動的に呼び出し、相手先が電話に出ると音声アナウンスが流れてきます。1先へ通報を行う度に1回10円程度の電話料金を使って機械が自動的に電話をかける運用イメージとなります。
通話料金は全て電話会社からの電話料金請求となります。

電話料金は電話環境(通報する側と通報を受ける側の電話環境)により変わります。
電話料金の目安(2016年7月現在) 
電話料金プランは電話会社によって変わります。詳しくはそれぞれの電話会社にご確認をお願い申し上げます。
NTT固定電話(電話通報機を接続-発信側)
→ NTT固定電話へ通報する場合(税抜き)平日昼間 3分間10円
NTT固定電話(電話通報機を接続-発信側)
→ au携帯電話に通報する場合(税抜き)平日昼間 3分間90円
NTT固定電話(電話通報機を接続-発信側)
→ ソフトバンク携帯電話に通報する場合(税抜き)平日昼間 約15秒 11円


【大まかな設定方法】
専用のパソコン用ソフトをお手元のパソコンにインストールします。
ソフトの画面上に通報先の電話番号を書き込んでから、書き込みの内容を付属のUSBケーブルで電話通報機に流し込んでやるだけでOKです。パソコンに繋ぐのが設定作業の時だけです。
緊急通報で電話に流す音声アナウンスは、通報機に内蔵されているマイクに向かって喋る事で登録を行います。録音モード中にマイクに向かって喋る事で吹き替えを行います。
全体的に導入は簡単です。


【お問い合わせとご予算】
ご要望を記入の上、お問い合わせ欄よりお気軽にお問い合わせください。
本製品は受注生産品です。機器構成や運用方法により価格が変更になる場合がございます。
商品についてのご質問、お見積もりのご依頼、 機器構成の変更やご要望、 ご相談につきましてはお問い合わせ欄から、 お気軽にお問い合わせください。
個別にお見積もりをさせていただきます。 お見積もりは無料です。

本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼
お問い合わせとお見積もりのご依頼はこちらをクリックしてください。

本製品のご予算
本製品のご予算

お問い合わせ先
株式会社 LIBERO (リベロ)
担当 中田
〒937-0811 富山県魚津市三田3507-2
TEL:0765-24-2816
FAX:0765-24-2793
mail:post@anzen-mail.com
会社案内



本製品の利用例、応用品
追加オプション機器
商品への質問と回答
製品の価格
商品のお問い合わせ
会社案内
弊社HPトップ頁へ

本製品の利用例と応用品
本製品への追加オプション機器
本製品へのご質問と回答集
本製品の価格
本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼

長距離無線送受信機100〜300m


近距離無線送受信機10〜20m

接点信号自動通報装置

無線押しボタン100〜300m

無線押しボタン10〜20m

タイマー内蔵無線送受信機

無線式パトランプ

携帯電話網を使った自動通報装置

固定電話網を使った自動通報装置

メール自動通報装置

ソーラー0電源無線送信機

充電バッテリ式無線通報機


接点信号出力遠隔操作装置

距離検知式自動警報装置

各種警報装置


ポケットベル


安否確認、徘徊警告装置

電源オンオフ遠隔操作


停電時も作動呼出装置


ボタン形状で選ぶ無線呼び出し装置

特定小電力無線の組み合わせ

緊急通報機導入例

無線アラーム導入例

会社案内