本文へスキップ

8接点信号監視自動無線通報システムへの質問と回答、Q&A集。

8接点信号監視自動無線通報システムへのご質問と回答

送信機側の機器供給電源がDC24Vなのですが、100V以外でも送信可能でしょうか?受信機側は100V電源です。
可能です。

特定小電力無線中継器の取り付け方法は?
中継機の送信部(ケース形状)は蓋を開けると裏蓋と表蓋に分かれます。裏蓋を壁にネジで固定して表蓋をパチンと被せると取付完了です。 受信アンテナは送信部とケーブルで繋がっています。アンテナは市販のL字金具などで上向きにして取り付けてください。

保証期間経過後も故障時には修理対応が可能でしょうか?
保証期間後も点検修理を承ります。ご購入後もご安心をいただければと存じます。
※性能向上や部品の入手などの理由で外観や仕様が若干変更になる場合があります。

送信機3台+受信機1台の構成で、送信機のいずれか1台が発報すると受信機が反応するように出来ますか?
可能です。1台の受信機で複数台の送信機を監視できます。

機械の取付方法は?
送信機、受信機、外部送信アンテナユニットともネジで壁面に固定します。 裏蓋にはねじ穴が開いています。まず裏蓋を壁などにネジ止めし、上から表蓋をはめて固定します。 外部受信アンテナはロッドアンテナ形状となっています。土台ベース部分に磁石が入っていますので金属面に接着できます。 受信アンテナは上向きになるように設置してください。

送信機の建物と受信機にある管理棟の間に丘があって見通しが利きません。
丘の上に中継機を設置して電波の届く距離を伸ばす事ができます。 中継機の設置位置に電源が無い時はソーラー電源式の中継機をご利用いただくこともできます。

送信機、受信機の電源をAC220Vへ変更できますか?
標準の電源(送信機、受信機)はAC100V仕様ですが、 送信機、受信機とも電源部をACアダプターに変更して単相AC220V電源へ変更可能です。 三相の場合も個別にご相談ください。個別に商品のご予算のお見積もりをさせていただきます。

受信機に電源オンオフスイッチをつけることはできますか?
受信機の表面に電源オンオフ用のレバースイッチを増設する事ができます。 ご予算はお見積もりをさせていただきます。

購入後に任意で送信機と受信機のグループを変更することができますか?
複数台あるお手元の送信機と受信機を組み合わせ(グループ化)を変更することは可能です。 ただし、送信機と受信機の台数が多い時や中継機が入る場合は個別にご相談下さい。

警報は振動の異常警報、温度異常警報等多々に渡ります。警報種類を無線で種分け出来るのでしょうか?
→複数接点の発報を色違いの回転灯を回転させたり、タワー式の積載表示灯を使って識別する事もできます。

無線機を木の箱又はアルミの箱に入れたら通信距離は変わりますか?
通常ですと、木製の箱でしたらほぼ通信距離について変化はないと思います。
※ご注意
水分を多く含んだ木材は電波を吸収しますので水分を含まないような木材で作った箱が必須となります。

アルミ、鉄、ステンレスなど金属製の箱は電波を遮断します。そのため、送信機、受信機を金属ボックスに収納する場合は、独立した外部送信アンテナユニット、外部受信アンテナユニットだけを金属ボックスの外に出すことをおすすめいたします。

駅舎の構内での呼出や誘導に利用を検討をしていますが、問題ないでしょうか?
基本的にご利用に問題はございません。ただし、鉄道の駅施設の構内は様々な周波数帯の電波が飛び交っているようです。もし、同じ周波数帯の電波発信機の、弊社の製品のすぐ傍で利用されている場合は、通信距離が標準よりも短くなる可能性もございます。
導入をご検討をの際は、デモ機を使って事前に現地での通信テストをされることをおすすめします。

受信機に接点出力とは別に、複数点の信号入力のOR条件で点灯する回転灯を接続する事はできますか?
可能です。
(例)
送信機
接点信号入力端子1〜4(合計4点)

受信機
接点信号出力端子1〜4(合計4点)
受信機に、さらに信号出力端子1個を増設して、OR条件で作動する回転灯を接続させる事ができます。
回転灯は、受信機の1〜4の接点出力のいずれかが出力している間は回り続けます。
OR条件で点灯する回転灯は受信機の接点出力のいずれかが出力している間は回り続けます。

設置上のご注意
電波は送信機と受信機が同じ建物内のつながった空間ですと届きやすくなります。
鉄筋コンクリート造りの建物内でご利用の場合は、廊下などつながった空間や大きなフロアなど電波が遠くまで飛ぶ空間を利用してご利用ください。
機器は金属面(壁、鉄骨)直接接着しないようにしてください。送受信感度が下がります。
金属面に機器を設置する場合はプラスチックや木製の台座を間に挟んで10センチ以上は金属面から離してください。
シールドルームや地下室など電波の伝播状況が良くない場所でのご利用の場合は中継機の御利用をご検討ください。


内部端子台(端子台)へのケーブルの接続の際のご注意
受信機のケースカバーを開けると基盤の上にグレー色の端子台があります。 丸い穴がケーブルの差し込み口です。 その反対側に長方形の穴があります。
ケーブルの取付、取り外しの際はこの長方形の穴に細身のマイナスドライバーを差し込んで、 中のスプリングを押した状態で作業してください。
作業時は必ず電源を抜いて作業をしてください。感電事故の原因になります。


8接点信号監視自動無線通報システム(特定小電力無線接点伝送装置)-移報接点信号を長距離無線化

複数接点を1台の送信機で監視。特定小電力無線送信機に接点信号が入力されると自動的に受信機から接点信号出力を作動させます。
無線送信機は各種設備からの接点信号(無電圧a接点信号)を受けて電波で離れた場所の受信機に異常を報せます。
各種設備の無人監視に。通信距離100〜300m。 1台の無線送信機で最大8点までの無電圧a接点信号出力を監視できます。同時の複数の接点を動作する事もできます。
各種警報機の24時間安全管理、製造業、工場内の設備の運営効率の向上と無人化。 省力化、生産性向上,無駄ロスを排除,ミスの防止と迅速なトラブル対応にお役に立てます。
8接点信号監視自動無線通報システム(特定小電力無線接点伝送装置)-移報接点信号を長距離無線化


本製品トップ頁
本製品の利用例、応用品
追加オプション機器
商品への質問と回答
製品の価格
商品のお問い合わせ
会社案内
弊社HPトップ頁へ


本製品のご紹介トップ頁へリンク
本製品の利用例と応用品
本製品への追加オプション機器
本製品の価格
本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼

長距離無線送受信機100〜300m

近距離無線送受信機10〜20m

接点信号自動通報装置

無線押しボタン100〜300m

無線押しボタン10〜20m

タイマー内蔵無線送受信機

無線式パトランプ

携帯電話網を使った自動通報装置

固定電話網を使った自動通報装置

メール自動通報装置

ソーラー0電源無線送信機

充電バッテリ式無線通報機


接点信号出力遠隔操作装置

距離検知式自動警報装置

各種警報装置


ポケットベル


安否確認、徘徊警告装置

電源オンオフ遠隔操作


停電時も作動呼出装置


ボタン形状で選ぶ無線呼び出し装置

特定小電力無線の組み合わせ

緊急通報機導入例

無線アラーム導入例

会社案内