本文へスキップ

近距離無線式押しボタン回転灯システムへの質問と回答、Q&A集。

近距離無線式押しボタン回転灯システムへのご質問と回答


無線押しボタンと無線スイッチ+回転灯の間に壁があります。電波は通るでしょうか?

据え付け式押しボタン送信機の電波はパソコンや携帯で使われている無線(2.4GHz帯または5GHz帯)に影響を及びす事は無いでしょうか?

押しボタン送信機を増やすだけで作業者の行動可能範囲を広げることは出来ませんか?

RC造り(鉄筋コンクリート造り)の建物内にある身障者用トイレからの非常用呼出しシステム を検討しています。

倉庫入り口にスイッチを設け入庫、出庫で来た方がボタン押下で倉庫内(約20m先)でブザー(倉庫内作業音考慮)及び回転灯で来訪を知らせたい。

浴室内でボタンを押すと近隣の建物にパトランプで知らせる装置を探しています。

緊急連絡用の無線式押しボタンや無線スイッチの近く工作機械や溶接設備がありますが問題ありませんか?お互いに電波の影響はありませんか?

フロントの受付に4つのデスクがあり、机に押しボタンスイッチを4台設置し事務所と工場にパトランプ2個を回すといった運用は可能でしょうか?

回転灯を無線で操作するのに押しボタンではなくセレクトスイッチのタイプの商品はありませんか?

電源にインバーターを使うとノイズを受けて誤作動することはありませんか?

回転灯の電源ケーブルは何m程付属していますか?

無線押しボタンはボタンを押すと電波が発信し続けるのですか?

無線スイッチ1個で3台のパトランプを一斉に無線遠隔操作できる装置を探しています。

近距離無線式押しボタン回転灯システムの押しボタンの無線スイッチへの追加登録方法は?抹消方法は?

同一の押しボタンシステムをもう1セット追加購入して同じ場所で使用しても混信しませんか?

ボタンから無線スイッチまで電波が届きにくい場合はどうしたらよいのですか?

鉄筋コンクリート住宅(RC構造)で押しボタンからの電波が受信器まで届きますか?

1つの押しボタン(発信器)で無線スイッチ3台(回転灯)を同時呼び出しできますか?

無線押しボタンと無線スイッチ(受信機)はどんな組合せができますか?

無線の緊急スイッチでパトランプを動かして要介護者の緊急報知に使用したいと思います。

コードレスで呼び出すシステムで送信押しボタンを押すと受信側でランプが点くシステムを探しています。

無線押しボタン2台+無線スイッチ1台+パトランプ1台の機器構成でも使用できますか?



受信機側でDC24V程度の電圧を押しボタン操作でオンオフ操作できる商品を探しています。
→受信機側でDC24V電源の入り切りの遠隔操作をご希望との事でよろしいでしょうか?
DC24Vに入り切りの場合、受信機にはDC24Vの入力端子と出力端子の2個が内蔵される構成になるかと存じます。
なお、受信機本体の電源はAC100V(ACアダプター)が標準となります。
受信機自体の電源をDC24Vに改造することも出来るかと存じますので、ご相談ください。


押しボタンをワンショット信号に改造すると受信機の出力接点もワンショットになってしまいますか?
※受信機から接点信号出力を行う場合。
→標準のロック式の押しボタンの形状を変えて、ボタンを押すと2秒間程だけ電波を送信する仕様で製作する事もできると思います。
 ※ボタンは呼び鈴のような形状、もしくはリセットスイッチのような押しボタン。
受信機ですが、内部にタイマー回路を内蔵させることができます。
例えば、
押しボタンからワンショット電波信号を1回受けると、
受信機の端子台から3分間だけ接点信号出力を行う、
というような動作になります。
タイマー時間はマイコンを使った簡易タイマーですので多少誤差が出ますが、おおよそ1秒単位で最長10分ぐらいまで設定できます。


パトランプの位置に電源がありません。電池で動かないですか?
→たいへん申し訳ございませんが、大型パトランプは電池では動きません。解決策として、業務用のバッテリを使用して、定期的の充電しながらご利用いただく方法がございますので、ご相談ください。


整体店を営んでいますが、赤、青、緑の縦型のランプですが、無線を使って手元で電気の色の変更などはできますか?使用用途はよく1000円カットの床屋にあるように、すぐご案内できる状態なら緑、予約がいっぱいなら赤といった具合に手元で色の変化ができるものと前から考えていました。
→ご相談ください。ランプの機種に寄っては本システムで遠隔操作可能です。


購入後に押しボタンを追加したい時はどうすればいいですか?
→無線スイッチ内部の設定スイッチ操作で簡単に呼び鈴を追加登録することができます。作業は簡単です。
仕組みの詳しいご説明ですが、専用の押しボタンには出荷時にそれぞれ独自のI/D番号が電波の中に登録されています。
無線スイッチ内部の設定スイッチを登録モードにします。
無線スイッチが登録モード中に新規に登録する無線押しボタンを押して専用の電波を近くで送信させます。
発信された電波の上に登録されているIDコードを無線スイッチが認識すると、自動的に無線スイッチの内蔵メモリに登録されて、同じシステムの中で使用できるようになります。作業はたいへん簡単です。追加でご注文いただいた際は商品と一緒に登録マニュアルを同封させていただいております。


パソコンの無線LANや携帯電話などと干渉しませんか?
→無線LANの電波の周波数と本製品で使用する電波の周波数は異なります。無線LANをお使いになっている住居や事務所、お店でも問題なくご利用いただけます。
ただし無線LANルーターや家電製品など自然に発せられる電磁波の影響を受ける場合がありますので1m以上離して機器を設置してください。


近距離無線式押しボタン回転灯システムで1つのボタンを押すとパトライト2台を同時に点灯させることは可能ですか?
→受信機1台で2台のパトライトを動作する場合、受信機中に回転灯を接続する電源端子台を1個追加(加工)して1台の受信機に2台の回転灯を有線ケーブルで接続する事もできます。
ただ、1台目の回転灯、2台目の回転灯の両方を1台の受信機にケーブルで繋いで配線するのが難しい場合には、無線スイッチ(受信機)1台+表示灯1台を2セットご利用いただく方がおすすめだと思います。


建物の電源部に無線スイッチ(受信機)を設置しようと考えています。取り付け工事の際に簡単に設置できるように、無線スイッチの電源の結線とパトライト用の結線が簡単にできるように端子台方式にできないですか?
→電源部分と接続部分を端子台方式への変更は可能です。無線スイッチのAC100V電源入力部分-内部端子台方式。パトランプの電源ケーブルを接続する部分-AC100V出力端子台方式。
無線スイッチの中には、受信機へのAC100V電源供給端子1個とパトランプへの電源供給用AC100V端子の2個の端子台が内蔵されます。


無線押しボタンや無線スイッチ(受信機)で使われているデジタルI/D信号とは?
→本製品の受信機は小型コンピューターを内蔵し、専用の無線機器からの電波を受信処理しています。
本製品の無線信号には、別系統の同じ製品同士の混信防止と誤動作対策のため、個別のデジタルI/D番号が付与されています。
もし別系統で同一の商品を隣接したすぐ隣の住居や事務所、店舗で利用している状況でも、互いのシステムに混信することはありません。
また他社の無線を使った製品とも混信する事も有りません。


押しボタンと無線接点スイッチ(受信機)の間に壁があります。電波は通るでしょうか?
木造建築の場合は比較的電波はよく通ります。
ただし、鉄筋コンクリート造りや鉄骨造りのような金属を使った建物の場合は電波が通りにくいので注意が必要になります。
押しボタンと無線接点スイッチとの距離を少しでも近くなるように設置していただくか、廊下などの広く繋がった空間に無線中継機を配置することをおすすめいたします。




【商品の導入】
取付は簡単です。日曜大工程度の作業で取付できると思います。
以下のようなおおまかな流れとなります。

1.無線スイッチ(受信機)と回転灯を電源の切れた状態で繋ぎます。
2.設置をご希望の位置に、据え付け式押しボタンと無線スイッチ+回転灯をご希望の位置に置きます。
3.無線スイッチ+回転灯の電源プラグを近くのコンセントに差し込みます。
無線スイッチは横倒しではなく、壁付けのように立てかけて置いてください。
4.押しボタンを押します。無線スイッチに電波が届いて回転灯が作動するかを確認してください。
ボタン〜無線スイッチまでの電波の届き具合のチエック。
ボタンを押したら回転灯が回り出し、ボタンを引っ張って元に戻すと回転灯は停止します。
5.ボタンに連動して回転灯が正常にオンオフの作動するのを確認できたら、
据え付け式の押しボタン、無線スイッチ、回転灯をネジで壁面などにしっかり固定してください。
以上で完了です。


無線スイッチ(受信機)は上下2カ所のねじ穴にネジを通して壁などに取り付けます。
取付の際は、電源ケーブルの出ている面を下向きにしてください。

上下2カ所のねじ穴にネジを通して壁などに取り付けます


【設置上のご注意】
電波はリモコンと受信機が同じ建物内のつながった空間ですと届きやすくなります。
鉄筋コンクリート造りの建物内でご利用の場合は、廊下などつながった空間や大きなフロアなど電波が遠くまで飛ぶ空間を利用してご利用ください。
機器は金属面(壁、鉄骨)直接接着しないようにしてください。送受信感度が下がります。
金属面に機器を設置する場合はプラスチックや木製の台座を間に挟んで10センチ以上は金属面から離してください。
シールドルームや地下室など電波の伝播状況が良くない場所でのご利用の場合は中継機の御利用をご検討ください。

無線システム全般に共通する点となりますが、周囲に大型機械が動いている場合、機械から自然発生する電磁波の影響を受けて
送信機〜受信機までの通信距離が短くなる現象が出る場合がございます。大型機械が近くで稼働している場合はご注意が必要となります。


近距離無線式押しボタン回転灯システム
受付の押しボタンスイッチを押すと10〜15m離れた場所でパトランプが回転します。
押しボタンを押すと屋内の離れた場所で回転灯が回って来客を報せます。
ピンポンチャイム音に代わり回転灯お知らせします。
店舗や事務所、工場、診療所、介護保険施設などでの業務用の呼び出しにもご利用いただいています。

近距離無線式押しボタン回転灯システム


本製品トップ頁
本製品の利用例、応用品
追加オプション機器
製品の価格
商品のお問い合わせ
会社案内
弊社HPトップ頁へ


本製品のご紹介トップ頁へリンク
本製品の利用例と応用品
本製品への追加オプション機器
本製品の価格
本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼

長距離無線送受信機100〜300m

近距離無線送受信機10〜20m

接点信号自動通報装置

無線押しボタン100〜300m

無線押しボタン10〜20m

タイマー内蔵無線送受信機

無線式パトランプ

携帯電話網を使った自動通報装置

固定電話網を使った自動通報装置

メール自動通報装置

ソーラー0電源無線送信機

充電バッテリ式無線通報機


接点信号出力遠隔操作装置

距離検知式自動警報装置

各種警報装置


ポケットベル


安否確認、徘徊警告装置

電源オンオフ遠隔操作


停電時も作動呼出装置


ボタン形状で選ぶ無線呼び出し装置

特定小電力無線の組み合わせ

緊急通報機導入例

無線アラーム導入例

会社案内